長野県の注文住宅注業者が解説|注文住宅のランニングコストについて

家づくりの豆知識

「注文住宅を建てた際のランニングコストはどれくらいかかるのだろう。」
「ランニングコストはどうやって計算すれば良いのかな。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
住宅を持つとその維持やメンテナンスにお金がかかります。
そのような費用について事前に知っておくと安心ですよね。
そこで、今回は注文住宅のランニングコストについてご紹介します。

□ランニングコストについて

ランニングコストとは、家の購入後にかかる維持費のことです。
家を建てた地域や築年数といった家の状況によって、ランニングコストは変化します。
ランニングコストの内訳は固定資産税、都市計画税、修繕費用、損害保険料などが挙げられます。
修繕費用は住宅が経年劣化によって修理が必要なった際に必要になる費用です。
損害保険料は、自然災害などの万が一に備えて必要な費用です。
ランニングコストで大きな割合を占めるのが、固定資産税と都市計画税です。

*固定資産税

固定資産税とは所有している土地や家屋にかかる税金のことです。
費用は土地と家屋の評価額によって変わり、基になる評価方法は土地の形状や隣接している道路の状況によって定められる路線価です。
評価額を査定するのは市区町村であり、自分で評価額を計算しません。
このような方式を「賦課課税方式」といいます。
自分が住んでいる場所の路線価を知りたい場合は、各自治体のホームページなどで公開されているので、一度インターネット上で検索してみることをおすすめします。
固定資産税は一年ごとに発生しますが、年4回に分割して支払うのが一般的な方法です。

*都市計画税

都市計画税は、固定資産税の評価額に決められた税率をかけ合わせることで決定します。
税率の上限は0.3%と定められていますが、地域によって異なるので、住んでいる自治体のホームページなどで確認しましょう。
大切なポイントとして、都市計画税は市街化区域に住む場合のみ課税されます。
そのため、これから注文住宅を建てる方は建設予定地が市街化区域であるか確認することが大切です。

 

□まとめ

今回は、ランニングコストについてご紹介しました。
ランニングコストには様々な種類があります。
そのため、不明点が出た際は業者や自治体に相談することをおすすめします。
今回の記事を参考に、事前にランニングコストを計算してみてはいかがでしょうか。
当社は長野県で注文住宅を取り扱っており、これらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何かご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 長野県で注文住宅を建てる|注文住宅の外観の決め方とは?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください