長野県の注文住宅業者が解説!ルーフバルコニーを設置するメリットとデメリット

家づくりの豆知識

「注文住宅にルーフバルコニーを設置したいな。」
「ルーフバルコニーのメリットとデメリットは何だろう。」
注文住宅の設備を考える際によく悩むのが、ルーフバルコニーを設置するかどうかではないでしょうか。
そこで、今回はこれから注文住宅をお考え方必見のルーフバルコニーを設置するメリットとデメリットについて解説します。

□ルーフバルコニーのメリット

ルーフバルコニーとは屋根部分を利用して作られたバルコニーのことです。
最大のメリットは狭い土地を有効活用できる点です。
利用方法も多種多様で、友人を呼んでのバーベキューやバルコニーの大きさによっては洗濯物を干すスペースとして有効活用できます。
また、ルーフバルコニーに芝生を敷くことで、子供の遊び場や天気の良い日にはお昼寝する場所としても利用できます。
さらに、夏の季節に花火大会を開催している地域に住んでいる場合は、ルーフバルコニーという特等席で花火を鑑賞するのもおすすめです。

 

□ルーフバルコニーのデメリット

ルーフバルコニーのデメリットは屋根部分を利用して作るため、法律上は屋根として扱われることと階下が居室であることが挙げられます。
法律上で屋根として扱われるので、耐火性や不燃性を担保する必要があります。
また、階下が居室であるため、雨漏りの危険性も高まります。
そのため、ルーフバルコニーは防水工事が必須です。
このように、防水性、耐火性、断熱性などの対策をしっかりと行わなければいけないため、ルーフバルコニーの設置費用は高額となります。
さらに、数年に一度はメンテナンスが必要です。
ルーフバルコニーは基本的に雨や風から守る設備がないことが多いです。
そのため、天候の変化におけるダメージを受けやすく、人が普通に生活するため、劣化が早くなります。
完全に壊れてしまってからの費用は高額となるため、定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

 

□まとめ

以上、ルーフバルコニーのメリットとデメリットについてご紹介しました。
ルーフバルコニーの設置をする前に、自分たちがどのような使い方をするのか検討するようにしましょう。
そうすることで、設置後にほとんど使わなかったなどのもったいない状況を未然に防ぐことができます。
今回の記事を参考に、ルーフバルコニーの設置について検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください