長野県の注文住宅が解説|無垢フローリングのメリットとデメリット

家づくりの豆知識

「無垢フローリングについて知りたい。」
「無垢フローリングの良いところは何?」
注文住宅を購入する際によくわからないのが、無垢フローリングについてではないでしょうか。
実は、無垢フローリングには様々なメリットがあります。
そこで、今回は注文住宅にオススメの無垢フローリングについてご紹介します。

□無垢フローリングとは

無垢フローリングは一本の木から切り出した木材をフローリングとして利用したものです。
一方で、複合フローリングというものも存在します。
複合フローリングは薄い木の板を、接着剤で張り付けて床材として利用できるように成形したものです。
今回は無垢フローリングについてご紹介します。

 

□無垢フローリングのメリット

無垢フローリングの最大のメリットは天然木の模様、色合いや質感などをそのまま楽しむことができる点です。
無垢フローリングは天然木を利用しており、使用している間に色合いが変化し、深みのある使用感がでてきます。
一方で、複合フローリングでは時間の経過とともに、深みのある使用感が出てきません。
そのため、複合フローリングは製造直後が一番綺麗な状態となっており、時間が経過するにつれて見た目が劣化していきます。
また、無垢フローリングは空気を多く含んでいるため、断熱性や保温性が高いです。
さらに無垢フローリングは調湿機能が優れています。
そのため、雨の日や梅雨の時期など湿度が高い季節には湿度を吸収し、晴れが続いている日や秋など乾燥している季節には湿度を高く保ってくれます。

 

□無垢フローリングのデメリット

無垢フローリングのデメリットは使用する木の種類によって異なります。
例えば、スギなどの柔らかい性質を持つ木材を床材として利用した場合は、物を落としたときに傷つきやすいという欠点があります。
全般的なデメリットとしては調湿性があることが原因で木材が膨張と収縮を繰り返した結果、反りや割れが発生するということが挙げられます。
また、木は水に弱いため、メンテナンス等を怠ると木材が傷んできます。
そのため、メンテナンスを心がける必要があります。

 

□まとめ

今回は、無垢フローリングについてご紹介しました。
無垢フローリングにはメリットとデメリットがあります。
今回の記事を参考に、ぜひ注文住宅の床材に無垢フローリングを採用してみてください。
当社は長野県で注文住宅を取り扱っており、これらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何かご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 長野県で注文住宅をしたい方必見!耐震について

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください