長野県で注文住宅を考えている方へ!性能の高い家について

家づくりの豆知識

「性能の高い住宅に住みたい」
「しかし、どんな住宅が高性能なのかわからない」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
高性能な住宅に住むことで、より快適に過ごすことができるようになるでしょう。
しかし、どんな住宅が高性能なのか知っている人は少ないです。
そこで今回は、そんな方に向けて、性能の高い住宅についてご紹介します。

□高性能な住宅とは

高性能な住宅とは、気密性、耐震性、断熱性、耐久性に優れた住宅のことを言います。
これまでの住宅と比較すると、高性能な住宅では、より快適に暮らしを送れます。

□断熱性の家

高性能な家に必要である要素のうち今回は断熱性について詳しく説明します。

*高気質な家とは

普通の木造建築では一流の大工が丁寧にこだわったとしても、壁、天井、窓、床の少なくともどこかに隙間が空いているものです。
隙間風を感じるほどではなくても、目に見えないほどの空気が通る隙間があるのです。
そのため、そのわずかな隙間から冬は冷たい風が入り込み、室内が寒くなるのです。
逆に夏は、暑い空気が入ってくるので、室内が暑くなり、せっかく使用しているエアコンの効率も悪くなってしまいます。
しかし、高気質な家にすることで、精度の高い素材や断熱材、機密テープなどを使用することで、限りなく隙間の少ない室内を実現するのです。
それにより、上記で述べたような問題を起こりにくくできます。

*高断熱の家とは

断熱性能が十分でない家では、外の空気の温度が家の中に伝わってくるため、夏は暑く、冬は寒い、と言ったような問題が起こります。
しかし、断熱材を内壁と外壁の間に入れることで、断熱性能を高めているのが、高断熱の家です。

*断熱性の家にするメリット

断熱性の家は、ヒートショックを防げることがメリットです。
ヒートショックとは、急激な温度の変化により、血液が急上昇または急降下することで、体にダメージが加わり、命に関わるような事態になってしまうことを言います。
つまり、断熱性のある家にすることで、可能性としては、少ないかもしれませんが、それでも命を落とすようなリスクを減らせるのです。
特に高齢者の方は、気をつけるべきポイントであるので、高性能な住居と呼ぶために、必要な要素と言えるでしょう。

□まとめ

以上、性能の高い家に必要な断熱性についてご紹介しました。
性能の高い家が、どのような家なのかわからなかった人も多いと思います。
性能の高い家を作ることは命を守ることにもつながります。
今回の記事を参考に、ぜひ長野県で注文住宅・自由設計住宅を建てることについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください