長野県で注文住宅を建てる|注文住宅の外観の決め方とは?

家づくりの豆知識

「注文住宅の外観はどうやって決めるのだろう。」
「外観の選択で後悔したくないな。」
注文住宅を建てる際によく悩むのが外観の決め方ではないでしょうか。
そこで、今回はこれから注文住宅を建てる方必見の外観の決め方について解説します。

 

□外観を決める3要素とは?

外観は「家の形」、「窓」、「外壁」の3要素によって決定します。
したがって、外観の決め方はこれらの3要素を選択していくことです。
そのため、ここからは外観を決める各要素を説明します。

 

□家の形

家の形は外観の第一印象を決める重要な要素です。
四角い2階建ての家や平屋の家のようなシンプルな形状はスタイリッシュな印象を与えます。
一方で、角が多いL字型の家やコの字型の家を例とした複雑な形状は豪華な印象を与えます。
あなたのイメージに合った形の家を選ぶようにしましょう。

 

□窓

窓は主に縦すべり窓、横すべり窓、引き違い窓、FIX窓の4種類です。
縦すべり窓は開口部が大きく、通気性が高いという特徴を持っています。
欠点は開口部が大きいため、防犯性が低いことです。
横すべり窓は開口部が狭く、自分で開ける角度を調整できるため、外から覗き見されないという特徴があります。
そのため、脱衣所やトイレなど換気したいけど見られたくない場所に設置するのがおすすめです。
引き違い窓は窓から出入りできるほど大きく開くので、多くの家で採用されている形状となっています。
しかし、多くの家で使用されていることから、見た目の魅力はありません。
したがって、他の形状の窓と組み合わせることが大切です。
FIX窓は日光を取り入れるために設置する窓です。
開閉機能がついていないため、見た目もシンプルです。
窓にはそれぞれ特徴があるので、ご要望のイメージに合う窓や機能性を考えて選びましょう。

 

□外壁

外壁は多種多様な素材と色があります。
色を単色またはモノトーンなどで統一すると、家のコンセプトがはっきりするためおすすめです。
素材は模様や色などの見た目に加えて、メンテナンス面も考慮して決めるようにしましょう。
今後住んでいく上での利便性を考えることも大切です。

 

□まとめ

以上、注文住宅の外観の決め方についてご紹介しました。
はじめは難しそうに思ったかもしれませんが、あらかじめ考えなければならない情報を知っていれば、意外と簡単に決めることができます。
この記事を参考に、あなたの希望通りの外観を作ってくださいね!
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください