長野県で注文住宅をしたい方必見!耐震について

家づくりの豆知識

「注文住宅がしたい」
「しかし、住宅における耐震性があまりわからない」
このような悩みを抱えていらっしゃる方はいませんか?
高耐震の注文住宅をすることで、自然災害からもしもの時、命を救ってくれます。
しかし、住居における耐震性について知っている人は少ないです。
そこで今回は、住居における耐震性について簡単にご紹介します。

□地震対策の手法

*耐震

耐震とは、太くて頑丈な柱や梁を使うことで、その建物自体を地震に負けない強度にすることを言います。
しかし、揺れを柱や梁がそのまま吸収するため、住居に直接大きな揺れが伝わり、家具なども破損してしまうといった問題があります。
つまり、耐震というのは、建物の損傷を防ぐというのが目的ではなく、建物が損傷しても、倒壊することを防ぎ、人命を守ることを優先に考えられた造りなのです。

*免震

免震とは、建物と地盤の間に積層ゴムなどの緩衝材を入れることで、地震の揺れを少しでも緩和させるための機能です。
つまり、地震の揺れが少ないということは、揺れによるタンスなどの転倒に挟まれ逃げ遅れるといったようなリスクを回避できる可能性が高くなります。

*制震

制震とは、家の複数の壁にダンパーといった地震の衝撃を吸収してくれる装置を設置して、建物自体が起こす揺れの増幅を抑えられる機能です。
耐震と同じで、建物が大きく揺れてしまいますが、建物自体の損傷に限定します。
これまでは、高層鉄筋コンクリートのビルなどに使用されていた機能でしたが、現在では、免震に比べ、費用を安く抑えられるので、戸建て住宅でも採用されるようになってきた機能です。

□どんな家が高耐震?

地震に強い家には、大きく2つの特徴があります。
1つ目は、上記でも述べたような耐震性能に優れた建物と、2つ目が強固な地盤に造られた建物です。
このどちらかが欠けてしまっては、高耐震の家は造れません。
しかし、地盤が弱い土地でも、地盤改良工事を行うことで、高耐震と呼ばれるに適したレベルにまで底上げが可能です。
そのため、高耐震の住居にはこのような2つの特徴が大切だということを覚えておきましょう。

□まとめ

以上、住宅における耐震性についてご紹介しました。
高耐震の家とは、どのような家なのかわからなかった人も多いと思います。
高耐震の家を作ることは命を守ることにもつながります。
今回の記事を参考に、ぜひ長野県で注文住宅・自由設計住宅を建てることについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 長野県で注文住宅をしたい方に向けて!住宅におけるメンテナンスについて

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください