長野県で注文住宅をお考えの方へ|資金計画の立て方を解説します!

家づくりの豆知識

「住宅を購入する際の資金計画はどうやって立てたら良いのだろう。」
「私たちの資金で住宅を購入できるのかな。」
住宅を購入する際によく悩むのが、資金計画の立て方ではないでしょうか。
そこで、今回はこれから新しい住宅を購入する方に向けて資金計画の立て方について解説します。

 

□新しい住宅の購入にかかる費用とは?

 

*土地代と建築費用

住宅購入の際に最も大きな割合を占めるのは家の建設費用と土地代です。
この中でも土地代は住む地域によって、価格に大きな違いが生まれます。
みなさんも住宅購入の資金計画を立てる際に真っ先に考えるのが、建築費用と土地代ではないでしょうか。

 

*土地にかかる諸経費

家の購入には建築費用と土地代を除いた、諸経費にも大きな金額が必要です。
土地を購入する際の諸経費は仲介手数料、売買契約書印紙代、登記費用、司法書士に支払う費用が考えられます。
仲介手数料は不動産会社に支払うもので物件価格によって変動します。
売買契約書印紙代は税率により規定されます。
また、登記費用は土地価格により変動し、司法書士に支払う費用は事務所によって変わります。

 

*建物にかかる諸経費

建物にかかる諸費用は設計料、印紙代、建築確認申請費用、水道加入料、登録免許税などが挙げられます。
設計料は建築士に家の設計を依頼したときに発生する金額です。
水道加入料は水道を使用するための権利を購入する金額で、新居が属している自治体によって金額設定が異なります。
さらに、住宅購入は大きな金額を用意する必要があるため、住宅ローンを組む人も多いのではないでしょうか。
そのため、住宅ローンにかかる諸経費も発生します。
住宅ローンにかかる諸経費は連帯保証人の代わりに保証会社を利用する場合に発生するローン保証料や登録免許税などが挙げられます。

 

*注意点

今回、ご紹介した諸経費の中には現金で用意しなければならないものもあります。
資金計画を立てる際には即金が必要な経費に注意するようにしましょう。
そして、すべての必要経費をリストアップした後、自身で今用意できる資金と今後の収入も考えることで、無理のない資金計画を立てられます。

□まとめ

今回は資金計画の立て方についてご紹介しました。
はじめは難しそうに思ったかもしれませんが、事前に情報を知ることで簡単に資金計画を立てられます。
今回の記事を参考に、ご自身の予算内で注文住宅を建ててみませんか。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何かご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください