注文住宅を考えている人必見!ローコストにする方法とは?

家づくりの豆知識

「子供の学費を考えるとマイホームにそこまでお金をかけたくない。」
「注文住宅の費用をなるべく抑えるにはどうすべき?」

お子さんがいらっしゃる家庭では、将来多くの学費を払う必要がありますよね。
そのことを考えると、マイホームにはなるべく費用をかけたくないと思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅にかかる費用を抑える方法についてご紹介いたします。

□費用を抑える方法

 

*家の形や大きさを考える

コストを抑えるための家の形は、シンプルな正方形です。
なぜなら、同じ面積でも外壁部分が最も少なく済むからです。
凸凹がある構造だと、その分施工の手間がかかり費用がかかります。
また大きさも、大きすぎる家はコストを増加させるでしょう。
なぜなら、部材・材料の増加や足場設置場所の増加があるからです。
なるべく費用を抑えたい場合は、家族の構成人数に適した大きさで、シンプルな造りを意識しましょう。

 

*設備のレベルを落とす

・水周り設備のレベルを落とす

キッチンやユニットバスなどの設備は、商品が高価です。
最新のものを導入したり、浴室テレビなどのオプションを付けたりすれば、その分費用はかかります。
これらのものはグレードを落とすことでコスト削減に繋がります。

・仕上げ材のランクを落とす

壁や天井、床、外壁には仕上げ材を使います。
壁や天井ならクロスやタイル、床ならフローリング、外壁ならサイディングが仕上げ材に当たります。
それらの仕上げ材のランクを落とすことで、費用の削減になります。

 

*間取りを変更する

間取りが複雑だったり、部屋の数が多かったりすると、その分内装材が必要になります。
そのため、必要分の部屋数にするよう心がけましょう。
例えば2人のお子さんがいる場合は、最初から2つの子供部屋を作るのではなく、1つの大きな子供部屋にすることで費用が削減されます。
ただし将来的に仕切りを作る場合は、リフォーム代(10万円程度)がかかります。
またウォークインクローゼットにドアを付けず、ウォークスルーにしてしまうのもコスト削減のポイントです。
シンプルで、必要分の部屋数の間取りにすることが大切です。

 

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅での費用を削減する方法をご紹介しました。
ぜひこの記事を参考に無駄を減らして、費用を削減してみてくださいね。
また当社では、松本市を中心に子育てに合った注文住宅を承っております。
当社の専門家が、お客様に最適なプランをご提案いたします。
注文住宅をお考えの方はぜひ、当社までご連絡ください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください