注文住宅をお考えの方必見!坪単価について解説します!|松本市

家づくりの豆知識

「注文住宅を考えていて、坪単価という言葉をよく聞くけどそれって一体?」
坪単価という言葉が土地や建築に関わる単語であるということはなんとなく分かっていても、具体的に意味を説明できるという方は少ないかもしれませんね。
一方で、注文住宅を考えている方にとって非常に重要な単語ですので、ここで覚えておきましょう。
これから注文住宅を購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

消費税 新築 戸建て

□坪単価ってなんのこと?

まずは坪単価とはどういうものなのかについて解説します。
坪単価は土地の価格と勘違いされることもありますが、実際には建築費に近いです。
簡単に言うと、坪単価とは、建物の建築費用を延床面積で割った1坪当たりの建築費です。
例えば、延床面積が50坪の家の建築費用が1500万円だったとすると、坪単価は30万円になります。
この坪単価は注文住宅を建てる時に価格の基準とされることが多いため、理解しておくことが大切です。

 

□坪単価の注意点

ここからは坪単価の基本的な内容は分かっているという人でも勘違いしがちな注意点についてご紹介します。

*建物のみにかかる費用

坪単価は建物についてのみの費用だけを計算しているという点に注意しましょう。
延床面積で計算した坪単価を基準にして予算を考えていても、予想よりも高い金額を請求されることがあります。
なぜなら、建物の費用以外にも屋外設備や建物以外の工事費用もかかるからです。
それらを踏まえて計算すると、予想よりも高くなるということが起こります。

*延床面積が小さいと坪単価が上がる

延床面積が小さいと坪単価が上がりやすいです。
これは土地自体の価値が高いということもあるかもしれませんが、それ以外の要因もあります。
それは坪単価が延床面積を元にしていることに理由があります。
広い土地の住宅でも狭い土地の住宅でもトイレやキッチンなどの住宅の設備費は変わりません。
そのため、延床面積で計算した場合、そうした住宅に欠かせない設備の費用などを考えると、土地が狭いほど坪単価が高くなります。

 

□まとめ

この記事では注文住宅をお考えの方に向けて注文住宅でよく聞く「坪単価」について解説させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?
坪単価はなかなか理解が難しいややこしい単語ですが、注文住宅では価格の参考になるほど重要な単語ですのでぜひ覚えておきましょう。
松本市で注文住宅をお考えの方はぜひ一度当社にご相談くださいね。

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください