注文住宅で知っておきたいよくある失敗例をご紹介!|松本市

家づくりの豆知識

「注文住宅でマイホームを建てたいけど、絶対失敗したくない!」
夢のマイホームですから後悔が残らないように素晴らしい家を建てたいですよね。
失敗を避けるためには住宅を考える際によくある失敗について把握しておくことが大切です。
そこで、この記事では注文住宅でよくある失敗例についてご紹介させていただきます。
失敗例を知ることでご自身が住宅を建てる際に失敗しないようにしましょう!

□注文住宅ではどんな失敗がある?

*収納スペースで失敗

どんな家にも必ず収納スペースはありますよね。
そんな収納スペースは注文住宅で失敗したと後悔する人が多い部分です。
よくある失敗が、スペースが足りない、または余っている、そして適切な場所にないというものです。
スペースが足りない、もしくは余っているという状況は収納スペースを考えるときに実際に荷物がどれくらいあるのかきちんと把握していないために起きてしまいます。
また、適切な場所に収納スペースがないというのは新居での生活をきちんとイメージしていないために起こります。

*間取りで失敗

間取りの失敗もよくあります。
リビングが思ったよりも小さかったり、家を建てた後に子供が生まれて子供部屋が足りなくなってしまったりなど、人によって様々な後悔が起こり得るのが間取りです。
部屋の広さや狭さによる失敗は家具をおいた際のイメージができていなかったり、生活動線を意識していなかったりといった点が原因です。
トイレやお風呂などの水回りの間取りにも失敗例は非常に多いです。

*業者選びで失敗

注文住宅を建てる以前に業者選びの段階で失敗していると感じる人も多いようです。
注文住宅に限らず、住宅を扱う業者はハウスメーカーや工務店、不動産会社など非常にたくさんあります。
特に注文住宅でよくあるのが、「自由設計」と言い業者に設計を任せてしまうパターンです。
住宅について考えることは簡単ではありませんが、自分の理想の家を実現するためには業者に任せっきりではなく、二人三脚で計画を立てていくのが大切でしょう。
また、どの業者にするのか比較検討も忘れずに行うべきです。

 

□失敗を避けるにはどうする?

ここまで失敗例をご紹介しましたが、それらを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?
大切なことは、どのような家に住みたいのかしっかりとイメージを持つこと、それを実現してくれる業者を選ぶこと、そして業者との間で綿密に打ち合わせをして疑問を完全に潰すことです。
住宅のイメージをしっかり持っていないと、間取りや収納スペースで失敗する可能性が高くなります。
しっかりイメージを持っていても、評判が悪かったり住宅のタイプが違ったりする業者に依頼すると理想の家は遠のいてしまいます。
こうしたことを意識しながら注文住宅について考えてみると失敗を避けられる可能性が上がるでしょう。

 

□まとめ

この記事では注文住宅でよくある失敗例について紹介させていただきました。
家の購入は非常に大きな買い物です。
失敗して後悔することがないようにしっかりと計画をたて、理想のマイホームを実現しましょう!

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください