松本市の工務店が解説!注文住宅の室内ドアは引き戸にすべき?

家づくりの豆知識

注文住宅を建てようと考えている方の中には、室内ドアをどうしようか迷っているという方も多いのではないでしょうか。
これから長年を共に過ごしていくことになる家づくりは絶対に失敗したくないですよね。
間取りやキッチン周りの設備にはこだわりがあっても、ドアについてはこだわりがないという方もいるかもしれません。
そこで、今回は注文住宅を建てるにあたって、ドアを引き戸にすべきかどうかについてご紹介していきます。

□引き戸のメリット

*スペースを取らない

引き戸のメリットの一つとしてスペースを取らないことが挙げられます。
引き戸は横にスライドするだけでいいので、開け閉めするときに前後のスペースを取ることがありません。
狭い間取りの場合は引き戸にすると効果的にスペースを使えるかもしれません。

*開放感がある

引き戸の特徴として開放感があることが利点であると言えます。
引き戸は開けておくことでドアの部分が完全に障害物がなくなり、遠くからでも中を見ることができます。
また、2〜3枚の引き戸であるとなおさら、その効果は顕著に感じられます。

□引き戸のデメリット

*引き戸をつける場所が限られる

引き戸のデメリットとしてまず挙げられるのが、取り付け場所が限定されるという点です。
引き戸は開閉にスペースを必要としませんが、引き込むスペースは必要になるため、横幅は扉2つ分確保する必要があります。
そのスペースが確保できない場合は取り付けることができないのが欠点と言えるでしょう。

*引き込む場所が不便

また、もう一つのデメリットとして挙げられるのが、引き込む場所の不便さです。
本来、壁となる部分にはコンセントを差し込んだり、壁紙を貼ったりできます。
しかし、引き戸を引き込む場所ではそうした使い方はできないことになります。

□引き戸以外の選択肢

*開き戸

引き戸以外のドアの代表例は開き戸です。
開き戸は密閉性が高いため、保温性や防音性が高いというメリットがあります。

*折れ戸

クローゼットなどに使われやすい折れ戸ですが、部屋の仕切りなどにも使われることがあります。
折れることでうまくスペースを使うことができるのが特徴です。

□まとめ

今回は注文住宅を建てるにあたって、ドアとしての引き戸の特徴をご紹介しました。
開放感やスペースを必要としないという点を重視する際は引き戸にすべきでしょう。
ただし、スペースが限られたり、引き込み場所が不便になったりすることは押さえておく必要があると言えます。
当社は松本市で新築の建築をお手伝いしている工務店です。
松本市で新築をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 専門業者が解説! 注文住宅の照明選びに失敗しないためには?

1 Comment

guest

5月 20, 2019 at 11:06 am

[…] 次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市の工務店が解説!注文住宅の室内ドアは引き戸にすべき? […]

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください