松本市の工務店が解説!地震対策住宅の構造とは

家づくりの豆知識

「日本は地震が多いから、できるだけ地震に強い家を建てたいけど、どういった構造が向いているのか分からない」
このようなお悩みをお持ちの方はおられませんか。
今回は、地震に備えた住宅を建てたいとお考えの方へ、地震に強い住宅の構造についてご紹介します。

制震構造 地震に強い

□地震対策の構造

耐震・制震・免震といったフレーズをどこかで聞いたことがあるけど、内容までは理解していない方が多いのではないでしょうか。
日本は地震が多い国のため、どういった対策を行うことが有効なのか知っておくことが重要です。
以下でそれぞれご紹介します。

*耐震

耐震構造住宅は、建物全体を頑丈に固定することで地震の衝撃に耐える住宅です。
耐震住宅は建物に筋交いや構造用合板や金具などを使って補強する構造で、筋交いを行う際は補強材によって強度もコストも変わってくるため、どの方法で補強するのかを専門家に相談して決めておきましょう。
丈夫になっていて建物の倒壊は防ぐよう作られていますが、揺れを軽減する構造にはなっていないことは注意が必要です。
日本では、法律で全ての建物に一定の耐震強度をつけることが義務付けられています。

*制震

制震構造は建物のいたるところに設けられた制震装置が地震の揺れを吸収する仕組みで、地震の揺れが建物に伝わりにくくなっています。
高さのある建物に効果を発揮し、家具などの転倒も起こりにくくなっているため、二次災害の被害も減らすことが可能です。
揺れを吸収することができる装置を設置するのに、相場で50~100万円増額されますが、家具が転倒し破損して買い換えることになった場合も考えると、費用対効果の高い地震対策といえます。

*免震

建物と基礎の間に免震装置を組み込むことによって、地盤からの揺れを受け流すことができるため、直接的な揺れが建物には伝わらない構造です。
様々な規模の建物に有効な工法で、とても人気が高いですが、垂直方向の揺れに対しては効果が薄く、費用面でも相場で500万円以上かかることがあります。

□まとめ

今回は、耐震性を備えた住宅を建てたいとお考えの方へ、地震に強い住宅の構造を3つに分けてご紹介しました。
どのタイプの構造でも地震対策を行っていますが、それぞれ効果や対応法が異なることを理解する必要があります。
また、地震は避けることができない自然災害であるので、その災害の被害を最小限に抑えるために、構造的に地震対策をすることをおすすめします。
それが自分や家族を守ることにつながるのです。

次の家づくりの豆知識は ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください