松本市に在住の方必見!C値の基準で気密性を判断する方法

家づくりの豆知識

「新しく家を建てる予定だ」
「気密性はどこまでの水準を求めるべきなのか」
素敵な生活を送るために、気密性は考慮すべきポイントの1つですよね。
そこで今回は、その気密性を測る数値であるC値をご紹介いたします。

建造物としての家を意味する

□C値とは

そもそも、C値とはどのようなものでしょうか。
C値とは、簡単に言えば建物に隙間がどれくらいあるのかを示す値です。
一般的にこの数値が0に近いほど、建物として優れていると考えられています。
この値は建物全体の隙間の合計を建物の延床面積で割ることで求めることができます。

 

□C値が優れているとは

先ほど、C値は0に近いほど建物として優れている、とご説明しました。
C値が0に近いというのは建物に隙間があまりないこと、つまり気密性が高い家であるということを示しています。
気密性の高い家は、建物から熱が逃げにくいので、夏は涼しく冬は暖かい家になります。
その結果、建物全体の暖房や冷房が効きやすくなるので省エネにつながります。
一方で、このような建物は隙間がないために風通しがあまりよくありません。
また、建物内に空気がこもりやすいので、結露ができやすくなったりカビが発生しやすくなったりします。

 

□C値の基準

皆さんが気になっていることの1つとして、
「住宅においてどれくらいのC値が適切なのだろう」
という疑問があると思います。
実は、C値について明確な基準は定められていません。
不思議なことに、気密性に関係する他の数値は基準が定められているのにも関わらず、C値については明確な基準がありません。

しかし、日本では5.0未満であれば省エネ基準を満たしているといわれてきました。
建物全体の隙間が少なく、より少ないエネルギーで空調を効かせることができると考えられています。
しかし、実際にこの数値ではあまり意味がないといわれています。
一般的に2.0未満であれば高気密住宅と呼ばれています。
また、夏は涼しく冬は暖かくすごすために湿度を管理しようと考える際には0.5未満であることが望ましいです。
欧米では、住宅を建築する際に気密性の高さが重要視される傾向にあります。
ドイツではC値を0.2まで下げないと気密性の高い建物と呼ばない会社もありそのレベルの高さがうかがえます。

 

□まとめ

今回は、建物におけるC値の基準と建物の気密性についてご紹介しました。
C値には明確な基準がないことがお分かりいただけたでしょうか。
ぜひこの記事を参考にして、新しいお家を建てられてはいかがでしょうか。

次の豆知識 ⇒ しばらくお待ちください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください