松本市で2世帯住宅|2世帯住宅のメリットとデメリットを解説します

家づくりの豆知識

2世帯住宅かそれとも近くに家を建てていつでも行けるようにするのか、お悩みの方は多いのではないでしょうか。
それぞれに良いところと悪いところがあるので、決めるのが難しいですよね。
もし2世帯住宅を建てることにするのであれば、知っておいたほうがいいことがあります。
後悔しないために、2世帯住宅の注意点、メリットとデメリットを一緒にみていきましょう。

□2世帯住宅のメリットとデメリット

この記事を読まれている方はおそらく「親世帯の介護をどうするか」や「子育てをどうするか」に悩んでらっしゃる方ではありませんか?
そのどちらも叶えられる2世帯住宅にはもちろんメリットがありますが、デメリットもあります。
2世帯住宅にはどのような特徴があるのでしょうか?
一緒に見ていきましょう。

□メリット

大まかに分けるとメリットは3つあります。

・交流が増える
・安心感がある
・様々な費用をおさえられる

それぞれ見ていきましょう。

*交流が増える

同じ場所に住んでいると、家族だんらんの時間がとても増えますよね。
家族が多いと、家が華やかになりますし、何よりいろんなトラブルにも対処しやすくなります。
みなさんの親世代は30年近く子育てをしてきた、いわば子育ての師匠でしょう。
子どもを育てる上で、たくさんのことを経験している親世代と一緒に住んでいると、子育てをとても快適にできますよ。

*安心感がある

共働きの場合、なかなか家にいる時間がないですよね。
お子さんが一人で家にいるのは、不安になることが多いですし、何より防犯上でもあぶないと思います。
そんな場合に、家に家族がいてくれると、お子さんの面倒も見てくれて、とても安心できます。

*様々な費用をおさえられる

極端に言えば、1戸分の家の照明が必要なくなるので、かなり節約ができます。
食事もちょこちょこ作るのではなく、一気にたくさん作った方がトータルの材料費を安く仕上げられることが多いです。
さらに、リビングにいると同じ冷暖房を使えるので、コストを抑えられます。
相続税や建築費が安くなることもあるので、費用面でもかなりお得だと言えます。

□デメリット

一番大きなデメリットは、やはりそれぞれの空間があまり確保できない点でしょう。
生活リズムや価値観が違うと、やはりストレスがたまってしまいます。
料理や、掃除、洗濯などの家事でも違いがあるため、ささいなことがあまり気にならない方に2世帯住宅をオススメします。

□2世帯住宅を建てる時に後悔しないための注意点

世代間の価値観が違うと、ささいなことでもめてしまい、ストレスがたまってしまうこともあるかもしれません。
とはいえ、それを解決できる方法があります。
それは、住宅の間取りを完全に一緒にしないことです。
お互いの生活環境を整えた上で世代間の交流がしやすい「共有型」の間取りを採用すると、問題が生まれにくいでしょう。
様々な方法があるため、一度、どのような住宅にするべきかを親世帯と話し合って見てくださいね。

□まとめ

2世帯住宅の注意点やメリットとデメリットを知っていただけたのではないでしょうか。
この注意点を知った上で2世帯住宅を建てると、きっと親御さんと快適に暮らすことができますよ。
もう少し2世帯住宅のことを聞きたい方や、少しでも気になることがある方は遠慮なくご連絡くださいね。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市の工務店が解説!地震対策住宅の構造とは

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください