松本市で2世帯住宅を建てる!間取りの重要さを知ろう

家づくりの豆知識

2世帯住宅を建てる際に一番難しいポイントは、「どのような間取りにするか」ではありませんか?
間取りに失敗してしまうと、トラブルが起きてしまいかねません。
実は、間取りにはいろんなタイプがあるので、みなさんが満足して暮らせるタイプがきっと見つかりますよ。
快適に暮らすために、一緒に2世帯住宅の間取りについて知っていきましょう!

□間取りには様々な種類があります

2世帯住宅の間取りの種類は、「どの程度空間を共有するか」によって分けられます。
大まかに3つの種類があります。
一つずつ順番に見ていきましょう。

*完全分離型

親世帯と子世帯の入り口をそれぞれ作り、お互いに完全に独立した空間を持ちながら同居できるのが特徴です。
気を使わずに住むことができ、かつ、いつでもお互いの家に行くことができることが魅力です。
それぞれの世帯用の「キッチン」「リビング」「水回り」「収納」があるため、生活するのに困りません。
お互いが近い距離にいながらも、それぞれの生活空間を作れます。

さらに、完全分離型には、お互いに独立した家をもち、家同士の行き来がしやすいように渡り廊下を設置するという「隣居型」にもできます。
「隣居型」は完全分離型よりもお互いの家が離れているので、お互いの生活音が気にならないというメリットがあります。
「自分の家なのに気を使いすぎて疲れる」ということを防げるため、プライベートの空間を重要視する方にはぴったりですよ。

*共有型

玄関や水回り、キッチンなどの一部を共有して同居するのが特徴です。
適度にプライベート空間がありながらも、お互いの生活スタイルを持つことができるため、お互いの家族の時間を大切にする方が選ぶことが多いです。
リビングを一つにすると、親世帯と子世帯が集まれる空間になるので、集まりたいときはそこに行くのように、気軽に世帯間でコミュニケーションが取れることも魅力の一つです。

*融合型

全員が一緒の空間で暮らせるのが特徴の融合型2世帯住宅。
家事を効率的に済ませたい方には特にオススメの住宅です。
孫世代がいる場合は、親世帯に見てもらうことができるので、安心して暮らせますよ。
共働きの家庭では子供とのコミュニケーションが少なくなりがちです。
親世帯が同じ家にいるとみなさんの子供を任せられますし、負担が軽くなることがメリットです。

□まとめ

2世帯住宅の間取りの種類はわかりましたか?
「完全分離型」「共有型」「融合型」のそれぞれ3つの特徴を知っていただけたでしょうか?
「完全分離型」はプライベート空間を大事にするタイプの方。
「共有型」は世帯間の交流とプライベート空間の両立を求めるタイプの方。
「融合型」は忙しくて時間があまり取れないタイプの方に向いていますよ。
みなさんにはどのタイプの間取りが合っていそうでしたか?
失敗しないためにも、親御さんとどのような間取りにするか一度話してみてくださいね。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市で2世帯住宅|2世帯住宅のメリットとデメリットを解説します

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください