松本市で新築住宅をお考えの方は、家事動線と間取りに注意しよう

家づくりの豆知識

住宅の間取りはとても重要なポイントですよね。
毎日の家事をしやすい間取りにできると、負担がかなり減らせます。
疲れをためないためにも、家事を行いやすい間取りにすることが大事です。
そこで今回は、「家事を行いやすい間取りのポイント」をご紹介します。
ポイントを押さえて、過ごしやすい家を建てましょう!

□家事動線とは何か?

家事を行う際の動く流れのことを「家事動線」と言います。
家事といえば、料理や洗濯、掃除に買い出しなどが挙げられます。
その家事を行う上での動線を適切に考えられた間取りにしなければ、毎日の家事がとても重労働になり、疲れがたまっていってしまいます。
その負担を軽くするため、家事動線を考える時のポイントをみていきましょう。

*家事動線はシンプルに

家事動線はできるだけシンプルにしましょう。
洗濯の際に行き来をたくさんしなければ行けなかったり、キッチンの配置が悪かったりすると、時間がかなり取られてしまいます。
そのため、移動の時間を短縮することがとても大切です。
具体的には、キッチンと洗面所の距離を近くする、水回りの掃除はいっぺんにできるように近くに配置するなど、の配慮をしましょう。

□家事動線は目的別に考えることが大切

次に、生活する上で考えられる状況をみながら、どのような間取りにするべきなのかを考えていきましょう。
目的別にご紹介します。

*掃除動線を考える

掃除機を使うので、コンセントの位置が重要です。
コンセントを使いやすい場所に配置することは必須でしょう。
さらに、お風呂、トイレ、洗面所はなるべく近い場所に設置するようにしましょう。
水回りの掃除は、一気にやってしまえるようにしておくと、負担を減らすことができますよ。

*洗濯動線を考える

洗濯はやることがとても多く、かなり時間が取られるポイントでもあります。
洗濯物を洗うところまでは洗濯機がやってくれますが、洗濯物を伸ばして干し、乾いたら取り込んでたたむという流れは一度にできないので困りますよね。
洗濯物を干す場所を1階に作ったり、洗濯機から洗濯物を出す、干す、たたむ場所を一直線にしたりすると毎日の移動が少なくなるので、オススメですよ。

□まとめ

今回は「家事を行いやすい間取りのポイント」をご紹介しました。
みなさんが快適に暮らすためには、毎日の家事の負担を減らすことが大事です。
洗濯や掃除の際の動線を考えた間取りにすることで、かなり楽に家事ができるようになります。
家事動線をおさえて、素敵な新築住宅を建ててみてはいかがでしょうか?
この記事がみなさんの理想の住宅を建てるひとつの参考になれば幸いです。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください