松本市で新築を建てる方必見!玄関のドアの色の選び方とは?

家づくりの豆知識

「新築を建てたいけど玄関のドアの色をどうしよう」
「玄関のドアの色ってこだわった方がいいのかな」
新築を建てる予定の方はこのように思ってはいませんか?
玄関のドアはこだわり次第で家の雰囲気が変わります。
そのため、玄関のドアにこだわることは大切です。
そこで今回は、新築のドアの色の選び方について解説していきたいと思います。

□なぜドアにこだわるべきなのか

玄関のドアはその家の顔です。
家族にとっては毎日出入りする場所ですし、来訪者にとっても最初に目に入る場所となります。
ドアの色にこだわることでその家の雰囲気がよくなり、来訪者のイメージアップもはかることができます。
誰もが注目する場所だからこそ、時間をかけて選ぶと納得のいくドア選びができます。

□ドアの色選びのポイント

*外壁の色に合っているか

外壁の色とドアの色が合っているかを考えることは大切です。
壁の色と違いすぎる色を選んでしまったらドアの存在が浮いてしまいます。
もちろん、ギャップを狙うのも良いですが、場合によっては違和感のある色になってしまいます。
窓枠と同じ色で塗られているものや外壁の一部に使われている色のドアなど、ギャップを出すにも工夫すると良いアクセントになります。
日本では窓枠のほとんどがアルミですのでペンキの塗り直しは難しいです。
そのため、コーディネートをする際には窓枠の色にドアの色を合わせる方が良いでしょう。

*内装の雰囲気と合っているか

家に入る前と後で違和感があるのも避けたいです。
外から見たときは高級感のある色をしていたドアだったのに、中に入ると質素で地味なつくりをしていたら少し違和感がありませんか?
その逆の場合もあります。
外から見ていたら木目調で茶色なドアだったのに中に入るとピンク一色のかわいらしい家だったらバランスが悪いですよね。
そのため、内装をどのようなイメージにするのか、どのような雰囲気にしたいのかによってドア選びも変えると良さそうです。

*目立ちすぎないか

特にこだわりのある方に多いのですが、奇抜すぎる色を選ぶことでドアが目立ちすぎることがあります。
その際に問題になるのが空き巣に狙われやすくなってしまうということです。
いくらセキュリティがしっかりしていても犯罪の被害を受ける可能性は減らしたいですよね。
そのため、家全体の統一感があるのか、住宅街に調和しているのかなど気をつけると良さそうです。

□まとめ

今回は、新築のドアの色の選び方について解説しました。
元々こだわりのあった方もそうではなかった方も知らなかったことがあったのではないでしょうか。
今回の記事を参考にして新築のドア選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市に新築住宅を建てる方必見!固定資産税を減税する方法とは?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください