松本市で新築を建てようとしている方!地盤調査の必要性とは

家づくりの豆知識

「家を建てようと考えているけど、地盤調査って必要なの?」
「そもそもどうやって調査しているの?」
このようにお悩みの方はいませんか。
この記事では、家を建てる際の地盤調査の必要性とその調査方法についてご紹介します。

□必要性

もし、家を建てようとしている土地が軟弱な土地の場合、地盤沈下が起こる可能性が高いです。
基礎工事が不十分であると、壁にひび割れが起きたり、ドアが開きにくくなったり、建物が斜めになったりします。
このようなことを防ぐために、地盤調査を行い、家の基礎作りをする必要があります。
また、費用を抑えるため基礎工事を省略しようと考えても、地盤調査は法律で義務化されています。

□調査方法

*スウェーデン式サウンティング試験

ロッドという鉄の棒にスクリューポイントと呼ばれるドリルが付属された機械を使用して、地中にドリルを挿入し、その際のドリルの回転数やおもりの重さで地盤の強さを判断する調査方法です。
使用する機械も小型なので、狭いスペースでも調査することができます。
また、費用も安く済み、1日以内で工事をすることができるため、一般的な一戸建て住宅の地盤調査として知られています。

*ボーリング標準貫入試験

地面にボーリング孔を開けて、サンプラーといった鉄の筒を打ち込んで、何回打ち込んだかによって地盤の強さを判断する調査方法です。
10メートル以上の深さでも対応することができますが、費用は高く、調査期間も長くなります。
広いスペースが調査に必要になるため、大型の建造物の地盤調査に向いています。
世界的に広く用いられているため、膨大な過去のデータと調査結果を比べることができます。

*平板載荷試験

基礎を設置する深さまで掘り、小さな銅板を置き、その上から実際の重量に見合う負荷をかけて、地盤が安全かどうかを判断する調査方法です。
調査にかかる費用は比較的安価で、調査期間も短いですが、重さの負荷をかけるために重機を用いるため、重機が通るスペースが必要です。
また、調査で使用する板が小さければ、調査する面より下に軟弱な部分があると、発見できないことがあります。

□まとめ

今回は、家を建てる際の地盤調査の重要性とその調査の方法をいくつかご紹介しました。
今回、ご紹介した以外にも様々な調査方法があるので、それぞれに合った調査方法を探してみてもいいかもしれません。
また、日本は地震がよく起こるため、家を建てようと検討中の方には耐震構造の住宅を建てることをオススメします。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 平屋が人気な理由とは?松本市の工務店が解説

1 Comment

guest

4月 30, 2019 at 6:51 pm

[…] 次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市で新築を建てようとしている方!地盤調査の必要性とは […]

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください