松本市で新築をお考えの方に|子育てに便利な間取りを紹介

家づくりの豆知識

せっかく新しいお家を建てるのならば、子育てしやすい方がいいですよね。
しかし、子育てをしやすいお家とはどのような家だと思いますか。

実は、そのカギは間取りにあります。
そこで、今回は子育てしやすい間取りにするためのコツをご紹介いたします。
是非参考にしてみてください。

家の図面のイメージづくり

□子育てしやすい間取りにするためのコツ

ここでは、家の中の5か所におけるポイントついてご紹介いたします。

*リビング・ダイニング

家族が集まってくつろげる部屋がリビングやダイニングですよね。
そのため、居心地がよくて、どこからでも子どもの様子が見えやすいスペースであることが理想的です。
家族が行き来しやすいスペースにあることも大切です。
また、子どもが遊ぶことのできる十分な広さがあったり子供が宿題などをすることができる大きな机があったりするといいですよね。

*キッチン

親にとって子どもが常に目に入る位置にいないと心配になってしまいます。
自分が料理に集中している時に、自分が見えていないところで大けがをしている可能性もあります。
そのため、キッチンで料理をしていたとしても、リビングにいる子どもが視界にいることがベストですよね。
最近は間仕切りのないキッチンが主流となってきているので、それらのキッチンにすることによって子供の様子がより見えやすい環境になります。

*階段

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にとって、お子さんが勝手に階段を上り下りするのは怖いですよね。
自分の知らないところで転落してしまう事態は避けたいです。
そのような心配を軽減するためにも、リビング内に階段を設置することがおすすめです。
そうすることで、お子さん階段を使っていることがわかるので安心です。
また、大きくなって、あまりコミュニケーションをとらなくなった時に、階段がリビングにあると便利です。
自然にお子さんと顔を合わせる機会が増え、自然と会話をする機会が増えるからです。

*壁

「窓が大きくて多くて明るい家」
というのは理想的ですよね。
しかし、そのような間取りのデメリットは、壁がないことです。
壁の面積が少ないと、家具のためのスペースがなくなってしまうという欠点が生じます。
収納や家具をたくさん置きたいと考えられているのならば、窓の面積を最小限にして壁の面積を広くすることをおすすめします。

*子供部屋

最後に、大部屋を子供部屋に使用することをおすすめします。
例えば、現在、お子さんが2人以上いるかご家庭であれば、最初は大きな部屋を子供部屋として使ってみてはいかがでしょうか。
ある程度大きくなってから仕切れば、それぞれのためのスペースを作ることもできます。

□まとめ

今回は子育てしやすい間取りにするためのコツをご紹介しました。
この記事を参考にして、子育てのしやすいお家を建ててください。

次の家づくりの豆知識 ⇒ リフォームの際のキッチンの選び方を松本市の会社がご紹介

1 Comment

guest

3月 11, 2019 at 9:47 am

[…] 次の家づくりの豆知識 ⇒ 松本市で新築をお考えの方に|子育てに便利な間取りを紹介 […]

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください