松本市で新築をお探しの方へ!注文住宅と建売住宅の違いをご紹介!

家づくりの豆知識

「注文住宅と建売住宅はどっちがいいのだろう?」
「注文住宅と建売住宅の違いを知りたい!」
松本市で新築をお探しの方の中には、注文住宅と建売住宅で迷うという方もいらっしゃるかと思います。
注文住宅と建売住宅は様々な点で異なります。
そこで、今回は注文住宅と建売住宅の違いについてご紹介します。

□注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅は、好きな場所に土地を探し、そこに自分の思い描いた理想に基づいて建てる家です。
間取りや建築材など建築業者に自分の要望を「注文」する住宅です。
一方、建売住宅は、既に土地に建てられている新築分譲住宅を指します。
建築が完成してから販売が始まる場合もあれば、建築しているときから販売が始まる場合もあります。
いずれにしても、間取りや外観といった設計はあらかじめ決まっています。
注文住宅と建売住宅のどちらか一方が良いということではなく、それぞれメリットとデメリットがあります。
では、ここからそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

 

□注文住宅のメリット・デメリット

*メリット

注文住宅のメリットとして、第一に挙げられるのが、やはり「設計の自由度」です。
建売住宅との決定的な違いが、自分の理想の家を設計できるかどうかということです。
それぞれの家族のライフスタイルに合った家づくりが行なわれるので、住み始めてから、不都合を感じることが少ないでしょう。

 

*デメリット

注文住宅のデメリットは、自由であるがゆえに「手間がかかる」ということです。
土地探しから始まり、契約する業者探しや細かい設計など、それぞれの段階でどうしても手間がかかってしまいます。
忙しい方や面倒くさがり屋な性格の方にとっては、負担が大きいかもしれません。

 

□建売住宅のメリット・デメリット

*メリット

建売住宅のメリットは、既に形作られているため、「暮らしが想像しやすい」ということです。
注文住宅では、設計してもなかなか実際の暮らしを想像しづらいという方がいるかもしれません。
しかし、建売住宅では既に現物が存在しているので、実際に自分の目で見ることができ、暮らしを想像できるのがメリットです。

 

*デメリット

建売住宅のデメリットは、「全てが家族のライフスタイルに合った設計になっていない可能性がある」ということです。
オーダーメードの注文住宅と違って、考えていなかった要素など、どこか不便なところが出てくるかもしれません。
また、似たような家が多く、個性のある家にはなりにくいと思われます。

 

□まとめ

今回は注文住宅と建売住宅の違いについてご紹介しました。
注文住宅の方が手間はかかりますが、人生で最も大きな買い物になり得る家づくりなので、自由に設計できる注文住宅にする事で後悔のない暮らしが実現できるのではないでしょうか。
今回の記事が、少しでもみなさんの役に立てば幸いです。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 【松本市に新築を建てる】人気を集める平屋住宅のメリットとは?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください