松本市で住みやすい新築住宅を建てる時におさえておくべきポイント

家づくりの豆知識

松本市に住宅を建てようと考える上で一番最初にするべきことはなんだと思いますか?
それは「松本市の気候」を知ることです。
気候の特徴を知らずに家を建ててしまうと、思いもしないトラブルが起こる可能性があります。
そこで今回は松本市の気候の特徴をみて、どのような家を建てるといいか一緒に見ていきましょう。

暮らしを意味するホーム

□松本市の気候の特徴をご紹介

松本市に移住される方の多くは「冬の寒さ」に驚かれます。
夏は涼しいので比較的快適に暮らせますが、冬はマイナス10度以下に冷え込むことがあるので、とても厳しい寒さになるでしょう。
そのため、冬の寒さ対策は絶対に行うべきポイントです。
それでは、どのような対策を行うべきなのかを見ていきます。

□寒さ対策のポイント

住宅において断熱性は重要であるという話は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、断熱性が高いだけではダメなのです。
いくら断熱性が高くても、隙間があると冷気が入ってきてしまうため、床下からどんどん冷えてしまいます。
そうなると、ヒートショック現象が起きてしまう可能性があります。
ヒートショック現象とは、家の中の温度差が急に高くなることで、心筋梗塞や脳梗塞などが起きる現象のことです。
そのため、断熱性だけでなく、「気密性」が重要なのです。

*気密性って?

「気密性」とは、簡単にいうとどれだけ隙間がないかということです。
隙間があると、先述したように冷気が入ってきてしまいます。
冷たい空気は下にいきやすいため、気密性を高めることは床下の冷えを防ぐことにもつながります。

冬の寒さが厳しい松本市では、このような「断熱性」と「気密性」に優れている家を建てることがオススメですよ。

□夏をさらに快適に

夏の温度はあまり高くないのが松本市の特徴なのですが、日差しや紫外線が強いという特徴もあります。
日差しが入ってくるので、部屋の温度が上がりやすいです。
そのため、日光を入りにくくすることで、温度対策を行いましょう。
さらに、日差しが強いということは太陽光発電をするのに適しているということでもあります。
そのため、太陽光発電を設置して光熱費を0円にする「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」を考えてみてもいいでしょう。

□まとめ

今回は、松本市に住宅を建てるならおさえておくべきポイントを解説しました。
冬の寒さが厳しい松本市では、「断熱性」と「気密性」に優れた住宅を建てることがポイントです。
さらに、日の光が入りやすいので、太陽光発電をするのもオススメです。
当社では、みなさんが快適に暮らせるように、地域に合わせた住宅作りを行なっております。
寒い冬でも裸足で過ごせるくらい暖かい家って素敵だと思いませんか?
そんな家をぜひ一緒に作っていきましょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください