新築住宅を建てる方必見!坪単価について松本市の業者が解説します!

家づくりの豆知識

「坪単価が何か分からない」
「坪単価について知りたい」
新築住宅を建てる方はこのように思ったことはないでしょうか。
新築住宅を建てるとき坪単価の額を目安にする方は多いですが、思わぬ落とし穴もあります。
今回は、坪単価とは何かについて解説していきたいと思います。

消費税 新築 戸建て

□坪単価とは何か

坪単価とは、家を建てるときの1坪あたりの建築費のことです。
1坪は畳2枚分であり、およそ3.3平方メートルです。
坪単価 = 建物の本体価格 ÷ 延床面積で坪単価を求めることができます。
しかし、延べ床面積を使わず、施工床面積を使うメーカーもあります。
施工面積は、延べ床面積よりも広くなります。
なぜなら、ベランダや地下室などの延べ床面積に含まれない部分も含むからです。

□注意点

*工事費は坪単価には含まれない

坪単価には別途工事費や諸経費は坪単価には含まれません。
なぜなら、坪単価はあくまで建物の本体価格を面積で割った数字だからです。
そのため、坪単価だけを見て予算を見積もるのは危険です。
広告に出ている価格はあくまで最低価格を表示しているのであって、別途で費用がかかることもあります。
表示してある最低価格だけで予算を決めてしまうと、時に思わぬ出費があります。

*延床面積か施工面積か見極める必要がある

延べ床面積なのか施工面積なのかは見極める必要があります。
坪単価を表示するときにどちらで表示するかは決まりがありません。
そのため、数字だけを見て判断しない方が良いでしょう。
また、家の内装によっても本体価格が変わることがあるので注意が必要です。

*本体価格の基準がばらばら

本体価格は坪単価を計算するときに必要です。
しかし、その坪単価の基準も会社によって異なります。
通常本体価格は建物本体のみの工事費ですが、エアコンや照明器具などの設備費を含めて算出する会社もあります。
坪単価の出し方にはルールがないので算出方法は各社によって違います。
家の形状や内装で変わるので注意が必要です。
同じメーカーが出している表示価格を比べたり、あくまで目安として使うようにすれば、思わぬ出費を避けられると思います。

□まとめ

今回、坪単価とは何か、そして坪単価を求める時の注意点を解説しました。
坪単価はなんとなく聞いたことがあるけど、どういうものかはよく分からないという方は多いでしょう。
しかし、実際は同じ面積でもメーカーによって表示価格が違ったり、様々な諸条件によって変わったりします。
それによって、必要なお金も場合によっては変わってきます。
新築住宅を建てるのは一生に一度あるかないかの経験でしょう。
予期していなかった出費を避けるためにも、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 新築の玄関のタイルはどうする?松本市の業者が解説!

1 Comment

guest

7月 6, 2019 at 9:39 am

[…] 次の家づくりの豆知識は ⇒ 新築住宅を建てる方必見!坪単価について松本市の業者が解説します! […]

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください