新築におすすめのキッチンデザインを松本市の会社が紹介

家づくりの豆知識

新しいお家を建てる際に期待するものの1つはキッチンなのではないでしょうか。
特に主婦の方はキッチンで作業をする時間が長いのでキッチンは大切ですよね。
そこで、今回はおすすめのキッチンのデザインをご紹介いたします。

□おすすめのキッチンのデザインとは

キッチンには主に6種類のデザインがあります。
そこで、ここではそれぞれのデザインを紹介します。

*I型

シンクと調理器、冷蔵庫を横に並べたキッチンです。
今、最も流通している小さいキッチン向けのデザインです。
最大でも幅は250cm程度にするのがいいでしょう。
デメリットは、作業動線が長くなってしまうことです。

*L型

シンク、加熱機器、調理スペースがL字に並んでいるキッチンです。
I型の次に人気が高いものです。
L字型になっているので作業動線が短くなるという特徴があります。
しかし、広いスペースが必要になってしまいます。
デメリットは、壁に向かって作業をしなければならないので、家族とのコミュニケーションの取り方に工夫が必要になることです。
また、スペースを取る分、キッチン以外の食器棚などのスペースを取りにくいというデメリットもあります。

*U型

他のものと比べると囲まれて独立した空間になりやすいキッチンです。
上から見るとコの字型になっているものです。
短い作業動線と高い作業効率が特徴です。
一方で十分なスペースが必要になることと、誰かと一緒に作業しにくいことがデメリットです。

*Ⅱ型

シンクと調理スペースを分けているキッチンです。
メリットは、横の移動距離が少ないのにも関わらず作業スペースが広く確保できることです。
また、「火まわり」「水回り」が完全に分けられているので、収納が簡単であることもメリットです。
一方で、作業をしている中で振り返る回数が多くなります。
そのため、シンクとコンロを直線上に配置すると危険なので配置には注意を払わなければなりません。

*アイランド型

アイランド型は対面で横広になっているキッチンのことです。
家族や仲間と一緒にキッチンにたつことができます。
ホームパーティーをする時は便利そうですよね。
一方で、キレイに保つためには上手く収納を利用しなければなりません。
散らかっていると一目でわかるので、常に注意する必要があります。

*ペニンシュラ型

ペニンシュラ型は、キッチンにいながらもリビングやダイニングにいる家族とコミュケーションがとれるのが特徴です。
ダイニング側にカウンターを設置することもできます。
デメリットは、煙や匂いなどがリビングやダイニングにも伝わりやすく、水や油がはねた時に家族にあたったってしまうという危険性があることです。
コンロの前に壁を作ったり、換気扇を付けたりしなければなりません。

□まとめ

今回はおすすめのキッチンのデザインをご紹介いたします。
ここでは、

・I型
・L型
・U型
・Ⅱ型
・アイランド型
・ペニンシュラ型

の6種類を挙げました。
ご紹介したことを参考にしてキッチンのデザインを決めてみてはいかがでしょうか。

次の家づくりの豆知識 ⇒ 浴槽交換リフォームの工事費用の相場を松本市の会社がご紹介!

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください