専門業者が解説!新築の打ち合わせで気をつけたい3つのポイント!

家づくりの豆知識

新築住宅を建てようとお考えの方の中には、自分の理想通りの家が完成するか不安に思うという方も多いのではないでしょうか。
家づくりというのは慎重にいきたいものですよね。
自分の理想通りの家ができるかどうかは業者との打ち合わせにかかっています。
打ち合わせで失敗しないためにも、どうしたら自分の希望が伝わるか気になりませんか?
そこで、今回は新築の打ち合わせで気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

家の図面のイメージづくり

□設計者とイメージを共有

家づくりは必ずしも理想通りに進むとは限りません。
予算や物理的な構造上の問題で、理想と現実との間にギャップができてしまうことは少なくありません。
この時に、しっかりと設計者にイメージを共有しておくことで、経験のある設計者からギャップを埋める提案をもらうことができます。
設計者もプロフェッショナルとして、お客様の理想により近い家づくりをしたいという気持ちを抱いています。
そのため、自分の思い描いている理想を全て出し切ってください。
効果的な手段としては、自分のイメージに近い写真を見せたり、イラストにしてみたりすることが挙げられます。

□客観的な意見を聞く

新たな暮らしに対して理想のイメージを膨らませることは大事です。
しかし、ほとんどの方が一戸建て未経験や建築の素人ではないでしょうか。
こういった方は、想像の段階では生活する上でのデメリットや不便さが見えていないことがあります。
経験や知識の豊富な設計者に客観的なアドバイスを求めましょう。
あらかじめデメリットを知った上で、納得のいく家づくりをすることが大切です。

□記録を残す

新築の打ち合わせというのは、色々夢を膨らませているうちに、話が行ったり来たりすることが少なくありません。
その際、設計者とみなさんの間で共通の記録を残しておくことが大切です。
記録の共有を怠ると、実際に家が建ってから、相談していた内容と異なるといった事態に陥ることがあります。
打ち合わせでは常にメモやボイスレコーダーを用意し決定事項は設計者と共有することをオススメします。

□まとめ

今回は新築の打ち合わせで気をつけたい3つのポイントをご紹介しました。
家づくりを成功させるためには、打ち合わせが非常に重要です。
イメージを共有して、客観的なアドバイスを受けつつ、納得のいくプランを立ててください。
また、打ち合わせではしっかりと記録を残すことが大切です。
当社は松本市で新築の建築をお手伝いしている工務店です。
松本市で新築をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市の工務店が解説!家づくりでは資金計画が最優先?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください