家事がしやすい家にするには家事動線が重要であることを解説します!

家づくりの豆知識

「家を建てようと考えているけど、どうせなら家事がしやすい家にしたい」
このような方はいませんか。
家事がしやすい家にするためには動線が重要になります。
そのためこの記事では、家事動線を考えるポイントについてご紹介します。

□家事動線とは

家事動線は、その名の通り家事をする際に移動する経路のことです。
毎日、料理や洗濯、子供のお世話などいくつもの家事を同時に行うため、その負担は、移動にかかる時間を短縮することで軽くなります。
そのため、家を建てる前に、家事をしやすくする間取りを考えることが重要です。

□家事動線を考えるポイント

家事を行うにあたってどの部屋を通るかを把握し、その家事によってどんな動きをするのかを把握すると考えやすくなります・

*洗濯

洗濯を行う際は、洗濯機から干す場所まで考え、さらに洗濯物をたたみ、収納するまでの動線を考える必要があります。
水分を含んだ衣類は重さがあるため、洗濯機から干し場までは近くするとかなり負担を減らすことができます。
また、一戸建ての場合は、干し場は何階にあるのかによって、洗濯機の置き場所は変わってきますが、できるだけ近めを検討しましょう。

*キッチン

冷蔵庫から食材を取り出して、シンクで洗うこと、調理台で準備して食器を棚まで取りに行くことを踏まえて、どこに何を置くのかを決めると作業効率が上がります。
また、冷蔵庫のドアの向きの方向で、動線を遮ってしまうことがあるので注意が必要です。
また、食卓の位置もキッチンのすぐ横にすると片付けの手間も減らすことができます。

*掃除

家族の集まるリビングに収納を充実させ、その収納の動作がスムーズになれば部屋も散らかることがなくなります。
また、掃除道具を収めるスペースを確保しましょう。
また、2階の掃除などは、子供でも持ち上げることができる、シートを付け替えるタイプのワイパーなどが便利です。
最近では、コードレス掃除機が出回っていますが、コード付きの掃除機を使用する際は、コンセントの位置と個数も決めておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、家事をしやすくするために、家事動線を考えるポイントをいくつかご紹介しました。
お子さんの多い家庭や、お年寄りのいる家庭では、さらに家事の負担がかかるので、動線を考えた家づくりはおすすめです。
また、当社もお客様の幸せな暮らしを目指して、家づくりを行っております。
松本市で家づくりをお考えの方は、一度当社までお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 掃除しやすい家にするために!重要なポイントとは

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください