住宅ローンの審査基準をご紹介!審査に通る人と落ちる人の違いとは?

家づくりの豆知識

これから新築を建てようとされている方のほとんどは住宅ローンを組もうと考えているのではないでしょうか。
新築を建てる際には、住宅ローンを借りるのが一般的ですが、実は誰もが簡単に借りられるわけではないというのはご存知ですか?
では、審査基準がどうなっているのか、どうすれば審査に通るのか気になりますよね。
そこで今回は、住宅ローンの審査に通る人と落ちる人の違いについてご紹介していきます。

消費税 新築 戸建て

□住宅ローンの審査基準

審査というのは一回だけでは終わらず、仮審査(事前審査)と正式審査(本審査)の2段階に分かれています。
簡単にいうと、軽く調べて問題がなかった人に対して、入念に調査をするといったイメージです。

*仮審査の審査基準

審査には様々な基準がありますが、中でもより重要視されるものを以下に挙げます。
・ローンを返し終わる年齢
・重病を患っていないか
・ローンを組む時の年齢
・年間の所得
・連帯保証
・今後何年間会社に勤めるのか

金融機関も貸したお金はしっかり返してもらわないと困るため、様々な観点から「この人にローンを組ませても大丈夫か」を審査するのです。

*正式審査の審査基準

正式審査では、クレジットカードや過去のローンの信用記録、担保価値についてなどが吟味されることになります。

□審査に落ちる人とは?

どのような人が落ちてしまうのか予め把握しておくことが大切です。

*仮審査に落ちる人

代表例として挙げられるのが、ローンを返し終わる年齢が80歳を超える人です。
審査基準の中でも、ローンを返し終わる年齢がというのは非常に重要視されています。
他にも、生活習慣病にかかりやすい人や団体信用保険に未加入の人など、身体に異常が見られる人は審査に落ちる可能性があります。

*正式審査に落ちる人

仮審査に引っかからなかったとしても、安心するのはまだ早いです。
正式審査は仮審査よりも詳しく審査を行うため、案外認可が下りない人も多いようです。
正式審査に落ちてしまう理由として、仮審査で申告した内容に間違いや書類の誤りがあるというは少なくありません。
また、正式審査ではより詳細な審査を行うため、仮審査では問題がないと判断された不動産であっても、正式審査ではその評価価値が基準に届いていないと判断されてしまうこともあるようです。

□審査に通るためには?

仮審査と正式審査にはそれぞれ通るために押さえておきたい点があります。

*仮審査に通るためには?

年間の所得や年齢が審査基準に届かない場合には、ローン額を減らしてもいいように、予めまとまった資金を用意しておくと、通りやすくなるでしょう。
また、ペアローン・親子リレーローンといった様々なタイプのローンも検討するといいでしょう。

*正式審査に通るには?

仮審査の後に行われる正式審査ですが、意図せず仮審査で申告したものと実状に差があるということはよくある話です。
住所や年収が変わることが予想されている場合は、審査に申し込む時期をずらすなどの対策を行いましょう。
また、信用記録の審査という点では、クレジットカードをきちんと整理することが大事です。
あまり使わないカードは解約してしまうのもいいでしょう。

□まとめ

今回は住宅ローンの審査について様々な観点からご紹介しました。
仮審査と正式審査という2つの段階を経て初めて認可が下ります。
それぞれに審査基準があり、きちんと対応しないと案外審査に引っかかることもあり、用心する必要があります。
何か問題があった時にローン額を下げてもいいように、最大限の頭金を用意しておくのがベストでしょう。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 松本市の工務店が解説!注文住宅の室内ドアは引き戸にすべき?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください