リフォームをお考えの方へ|失敗しないコンセントの配置を松本市の会社がご紹介!

家づくりの豆知識

「家をリフォームしようと考えている」
「コンセントをどこにつけよう」

リフォームをする際に見落としがちなのがコンセントの配置です。
そこで、今回はコンセントの位置、個数について紹介いたします。
是非、参考にしてみてください。

□コンセントの位置

コンセントの適切な位置はその家に住む人の生活スタイルや家の間取りによって異なってきます。
そのため、一概に適切な位置をご紹介することはできません。
そこで、ここでは位置を考える上で考慮すべきことをご紹介いたします。

*家具や家電の配置

最も考慮しなければならないのは使用する家具や家電の配置です。
せっかくコンセントを配置しても、タンスやベッドをそこに置いて全く使えなくなってしまったら意味がありません。
また、位置が悪くて結局家電のコードの長さが足りなければ問題です。
どこにどの家具や家電を設置するのか決めておくことで、配置をイメージしやすくなります。
家具の場所が決められていればそこを避ける、逆に家具と家電、コンセントの距離を調整する、などの判断ができます。

*掃除機をかけること

また、コードがついている掃除機をお使いの方が忘れてはならないのが、掃除機をかける際にもコンセントを差さなければならないということです。
誰しも、
「コードの長さが足りない」
「他にコンセントなかったっけ」
といった経験はあるのではないでしょうか。
すべての部屋で掃除機をかけることを想定して位置を考えましょう。
廊下や階段も忘れないようにしましょう。
また、掃除機のコードは何度も指す場所を変えるので、低い位置にあると腰が疲れてしまいます。
電気スイッチと一緒の高さに付けておくと非常に効率的です。

□コンセントの個数

コンセントで意外と失敗するのが、位置ではなく個数です。
位置には注意を払う人は多いですが、個数を意識するのを忘れてしまう方が多いです。
家電の多いキッチン周りや、TVやインターネットの周りなどは通常の2口では足りません。
そこで、そのような場所では4口にするなどして口数を増やしておくことが必要です。
2口コンセントに電源タップとたこ足配線を使って口数を増やすという選ことも確かにできます。
しかし、そうしてしまうとコンセント周りがごちゃごちゃしてしまいます。
そのため、口数は必要な数よりも少し多く設けるといいでしょう。
想定しているよりも多く使う場所がキッチンなので、6口あると安心です。

□まとめ

今回はコンセントの位置、個数について紹介いたしました。
せっかくリフォームをしても、コンセントの位置や個数を失敗してしまうと便利で快適な生活を送ることはできません。
是非、ここでご紹介したことを参考にしてコンセントの位置や個数でリフォームを失敗しないようにしてください。

次の家づくりの豆知識 ⇒ 子育てに和室はいいの?松本市で新築建設をお考えの方へ

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください