【松本市に新築を建てるなら】住宅ローンに必要な書類とは?

家づくりの豆知識

「住宅ローンの審査にはどんな書類が必要なのだろう?」
「必要種類をあらかじめ知っておきたい!」
松本市で新築をお探しの方の中には、住宅ローンを組むという方もいらっしゃるかと思います。
このような経験は初めてだという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は住宅ローンの審査に必要な書類についてご紹介します。

★ペーパークラフトは自分で制作したものです。★この他にもシリーズ素材があります。検索ワード「フォトクラフト」で検索できます。https://creator.pixta.jp/@zips/illustrations

□審査の種類

住宅ローンは大きく分けて2つの種類があります。
軽い審査である「事前審査」と本格的な審査である「本審査」の2つです。
それぞれの審査で必要な書類は異なります。
書類によるトラブルをなくすためにもしっかりと確認しておきましょう。
住宅ローンの審査の流れを説明しておくと、まず、「事前審査」を受ける必要があります。
その後、事前審査に通過したら「本審査」を受けます。
これに通過した場合は、ローンの契約に進むことができるという流れです。
では、事前審査と本審査それぞれに必要な書類を紹介していきます。

 

 

□事前審査に必要な書類

事前審査では、一般的に、提出しなければならない書類はありません。
しかし、申し込み用紙の記入や身分の確認のために必要な書類があります。
雇用形態によって必要な書類は少し異なりますが、今回は一般的な会社員の場合を想定してお話しします。

 

 

*源泉徴収票(コピー)

事前審査では、ざっくりとした審査にはなりますが、収入など財政状況を知るために源泉徴収票は必要になります。
これは、直近一年分の源泉徴収票をコピーしたもので大丈夫です。

 

 

*本人確認書類(コピー)

本人確認のために運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要です。
これもコピーで大丈夫ですが、裏表両面のコピーが必要です。
裏面に何も書かれていなかったとしても、コピーが必要となります。

 

 

*物件資料

事前審査の段階では、基本的にパンフレットやチラシなどの物件資料で問題ありません。
もちろん、コピーで問題ありません。

 

 

*認め印

書類ではありませんが、認め印が必要です。
シャチハタでは、申し込むことはできないので注意が必要です。

 

□本審査に必要な書類

ここでは、多くの資料を提出します。
詳しく調査をするため、どうしても必要な書類の数や種類は多くなってしまいます。
主に「本人確認書類」・「収入関連書類」・「物件関連書類」の3つに分かれます。

 

 

*本人確認書類

事前審査の場合に加え、住民票の写しが必要です。

 

*収入関連書類

源泉徴収票に加え、住民税決定通知書が必要です。

 

*物件関連書類

物件関連書類は売買契約書や重要事項説明書など、物件に関して入手した様々な書類が必要になります。

 

□まとめ

今回は住宅ローンの審査に必要な書類についてご紹介しました。
それぞれの審査で必要な書類は異なります。
家づくりをスムーズに進めるためにも、住宅ローンの書類はミスなく揃えましょう。
今回の記事が、少しでもみなさんの役に立てば幸いです。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの目知識は ⇒ 松本市で新築を検討中の方必見!住宅ローンの審査の流れとは?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください