【松本市で新築をお探しの方必見】失敗しないための収納のポイント!

家づくりの豆知識

「収納の設計に失敗しないためにはどうすればいいのだろう?」
「収納の設計を考える上でのポイントを知りたい!」
松本市で新築をお探しの方の中には、収納にはこだわりたいという方もいらっしゃるかと思います。
収納の設計はポイントをおさえることでより良いものになります。
そこで、今回は新築の収納を設計する際におさえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

□収納スペースを軽視しない

新築に住みはじめて後悔する原因の一つが収納スペースの狭さや不便さです。
設計する上で理想の暮らしに思いを巡らせているときには、収納を重要視しないかもしれません。
確かに、生活するスペースをなるべく広く取り、そのスペースをいかに快適なものにするかということは考えるだけでもワクワクしますよね。
しかし、一般的な家には、スペースの10~15%は収納スペースとして必要だと言われています。
お子さんがいらっしゃる家になれば、その倍近い収納スペースが必要になります。
そのため、生活スペースと同様に、収納スペースにも目を向け、しっかりとこだわって設計することをおすすめします。

 

□目的なく収納スペースを作らない

収納スペースの作り方として、余ったスペースを収納にするという考え方をする方も多いかと思います。
しかし、目的なく単に余ったスペースに収納スペースを作っても、有効活用できない可能性があります。
例えば、階段の下というのは、特定の目的では使えないスペースであることが多く、ここを収納スペースにしようという方もいるのではないでしょうか。
確かに、奥行きがあるため、収納スペースに適しているように見えるかもしれません。
ただ、狭すぎる上に奥行きがあると、奥に収納したものを再度取り出すのに非常に手間がかかります。
このような理由から、収納スペースは明確な目的を持って設計することをおすすめします。

 

□使う場所の近くに収納スペース

収納の最大のコツは、使う場所の近くに収納スペースを設けることです。
使う場所と収納する場所が離れていると、後で戻そうと思ったり、次に使うまで置いておこうと思ったりしてしまいます。
その結果、気づかないうちに生活空間がモノで溢れていきます。
そのため、収納の設計に失敗しないためには、それぞれの場所で使うモノは何かということを明確にしなければいけません。
それぞれの場所で使うモノをリストアップしてみましょう。
それらのサイズ感に応じて、必要な収納を設計していきます。

 

□まとめ

今回は新築の収納を設計する際におさえておきたいポイントについてご紹介しました。
生活空間と同様に収納スペースにも目を向け、ポイントをおさえた設計を心がけてみてはいかがでしょうか。
今回の記事が、少しでもみなさんの役に立てば幸いです。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 【松本市に新築を建てるなら】住宅ローンに必要な書類とは?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください