【松本市で専門業者が解説】新築の外壁の種類や特徴とは?

家づくりの豆知識

「新築の外壁はどうすべきだろう?」
「外壁の種類や特徴の違いを知りたい!」
松本市で新築をお探しの方の中には、新築の外壁でお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
外壁には様々な種類やそれぞれ特徴があります。
そこで、今回は新築を建てる際の外壁の種類や特徴についてご紹介します。

□外壁選びの重要性

外壁には、大きく分けて2つの役割があります。
1つ目は、外観を美しく見せたり、個性のあるものにしたりすることです。
何十年も暮らしていくので、自分の好みの色合いや材質にしたいですよね。
2つ目は、家を守るという役割です。
外壁が家を守るというのは、あまり想像がつかないかもしれません。
しかし、常に雨風にさらされる家の一番外側にあるのが外壁なので、耐久性の観点で非常に重要な役割を果たします。
以上の理由から、外壁選びは非常に重要であり、特に素材選びと色選びをしっかりと行なうことをおすすめします。

 

□外壁の種類と特徴

*タイル

タイルと聞くと、ベーシックなイメージを想像される方もいらっしゃるかと思います。
しかしながら、タイルは古いタイプのものとは違って、最近では様々なデザインのものがあります。
洋風のものから和モダンのものまで幅広いデザインに対応しています。
さらに、耐久性も高く、長期的な視点では、コストを抑えることができるのではないでしょうか。

 

*サイディング

サイディングはセメント質と繊維質を主な原料とした外壁材で壁に貼って利用する外壁です。
サイディングは板状になっており、建物の骨格に合わせて貼り付けていきます。
デザイン性に優れている上に、材料代や工事費が比較的安いのが特徴です。

 

*ガルバリウム

シンプルモダンなイメージに仕上げるのに、ガルバリウム鋼板を用いることがあります。
見た目がスッキリと仕上がるため、スタイリッシュなデザインの家に適しています。
ガルバリウムの特徴としては、熱を反射し、丈夫で長持ちする点が挙げられます。

 

*モルタル

モルタルは、セメント1に対して砂を3の割合で混ぜ、水を追加して練り込んだ建築材料を指します。
モルタルの外壁は仕上げの種類が豊富で、自由にデザインできるという特徴があります。

 

*塗り壁

塗り壁はシンプルでありながらも独特の風合いを味わえるのが特徴です。
新しい外壁材が増えている中で、近年は昔ながらの塗り壁が再び注目を集めています。

 

□まとめ

今回は新築を建てる際の外壁の種類や特徴についてご紹介しました。
外壁選びは家づくりにおいて非常に重要です。
それぞれの種類の特徴を押さえ、最適なものを選んでみてはいかがでしょうか。
今回の記事が、少しでもみなさんの役に立てば幸いです。
気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の家づくりの豆知識は ⇒ 【松本市で新築をお探しの方必見】失敗しないための収納のポイント!

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください