松本市筑摩の新築の家 建てた後、後悔しないための現場打合せ

只今施工中

上棟を迎えた松本市筑摩の新築の家。
先日お客様立会いのもと、電気配線などのお打ち合わせを建築現場でやらせていただきました。


これまではただ、図面上にコンセントや照明器具などの記号を落とし込んで打合せをしてきましたが、実際の感覚や高さなどが加わってくると感じ方はだいぶ違います。

そこで優プランでは建築途中の現場でおおよそ部屋の雰囲気が分かるようなったタイミングで、お立合いの打合せをさせていただきます。
電気配線などは壁に隠れてしまうので、後からではなかなか自由が利きません。

家を建てた後で後悔しないためにも、こうした打合せは大切なことだと考えています。
家を建てている途中のところをまじまじと見る機会も少ないと思いますので、結構楽しんでいただけたのではないでしょうか。


建て方の時とは異なり、屋根の部分に防水のルーフィングという施工も終わっていますので雨などもちょっと安心です。
後はサッシなどの取付や、壁まわりの防水シートまで終わればひと段落といったところでしょうか。

ちょっとタイミングなどもありますが、断熱材の施工が終わったあたりで断熱や気密についてよくわかる見学会などもしたいな~と、考えています。
柱などが建って、家の形になるのを見ると完成がとても楽しみですね。

それではまた。
コダマでした。

コメントはこちらから