ZEH住宅のランニングコストを紹介|松本市で新築を建てる

家づくりの豆知識

注文住宅を検討されている方の中には、ZEH住宅を検討されている方も多いのではないでしょうか?
ZEH住宅は省エネルギー性能を備えつつ、太陽光エネルギーなどの創エネルギー設備により、生活にかかる費用を、正味の値で0にしようとする目的で生まれた省エネルギー住宅です。
光熱費を抑える仕組みとともにエネルギーを生み出す仕組みで、光熱費の負担をかなり小さくすることができます。
今回はそのZEH住宅のランニングコストを、その他のコストも含めてご紹介します。

光熱費削減

□ZEH住宅のコスト

 

まず、ZEH住宅では、一般的な住宅に比べてどのくらい多くの初期費用がかかるのでしょうか?
ZEH住宅にかかる初期費用についてご紹介していきます。

 

*ZEH住宅の初期費用

ZEH住宅では「耐震性、断熱性、気密性、太陽光発電」という機能に多くの費用をかけることで、正味の光熱費が0円の住宅を目指しています。
その一方で、優れた断熱性・気密性を備えているため、床暖房といった大規模な冷暖房設備が必要なくなり、その面で費用を抑えることもできます。
また、地球にも優しく長持ちする住宅ということで、補助金や様々な優遇制度を受けることで費用を抑えることもできます。
こういったことから総合して、一般的な家庭よりも250万円〜300万円の費用増で、ZEH住宅を建てることができます。
機能にこだわればこだわるほど、初期費用は高くなっていきます。

 

*ZEH住宅のランニングコスト

さて、ランニングコストはどうでしょうか?
光熱費やメンテナンス費用の観点からランニングコストをご紹介します。

 

・光熱費

ZEH住宅では、高い省エネルギー性能と太陽光発電などの創エネルギー設備により、光熱費を最大限抑えることができます。
また、余った電力を販売することができるなど、光熱費の負担をさらに小さくすることも可能です。
1年間の光熱費を5分の1から10分の1まで抑えることができます。

 

・メンテナンス費用

ZE住宅では次世代にも引き継ぐことができる省エネルギー住宅として、耐震性・耐久性に優れています。
そのため、一般的な住宅に比べて、外壁塗装や設備の修理などのメンテナンス費用を抑えることができます。
必要最低限のメンテナンスを定期的に行うことで、孫の世代まで引き継ぐことができます。
また耐震性に優れていることから、建て直しなどの大きな費用が必要になる事態もほぼ起こりえません。

 

□ZEH住宅で長くお得に暮らす

 

今回は、ZEH住宅のランニングコストに関して、その他のコストも含めてご紹介しました。
ZEH住宅では初期の設備投資に費用をかけることでランニングコストを抑えることができます。
もし、注文住宅を検討されている場合は、ZEH住宅も検討してみてはいかがでしょうか?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください