間取りと方位の考え方は?松本市で新築をお考えの方必見!

家づくりの豆知識

「新築を考えているけど間取りとか方位ってどう考えるんだろう。」
そんな考えを持っている人も多いはずです。
やはり、自分の家を建てるなんて多くの人にとっては人生に一度の一大イベントですからね。
「自分の家を持つことを視野に入れ始めたけど、あんまり知識とかないし、どうしよう!」
そんな方のために、今回は新築住宅の間取りと方位について説明していきます。

□家の向き

家の向きをどの向きにしようかということから考える人も多いと思います。
しかし、そもそも家の向きとはどこを基準に考えるのでしょうか。
家の向きというのは、最も大きな部屋がどの面に向いているかで決まります。
つまり大抵の場合はリビングのある向きになります。

□方位と日当たり

部屋の向きは基本的に好みの日当たりで決めます。
それぞれの方位とそのメリット・デメリットについて説明していきます。
まず南向きが最も人気があります。
一番のメリットは日当たりの良さです。

一年中を通して日の当たる時間が長く、冬も比較的暖かく過ごせます。
夏は暑いのではないかと思うかもしれませんが、夏の昼間の日光はほぼ真上から降り注ぐので、窓から部屋にもそれほど差し込みません。
特にデメリットもなく人気の理由がわかります。
次に人気があるのが東向きです。
メリットは朝にしっかりと日が当たることです。
東向きの部屋に暮らす人は毎朝、朝日を浴びて爽快に目覚めることができます。

デメリットとしては夜型の人にとってはこれがつらいということですね。
朝方の人に向いています。
それから西向き。
西向きは夕方にしっかりと日が当たるため夜型の人に向いています。
夕日もきれいに見えるでしょう。

北向きは日当たりという点では一番悪いのですがもちろんメリットもあります。
それは日当たりが悪い、すなわち夏に涼しいということです。
近年の日本の夏は大変暑く、比較的涼しいこの松本市でも連日猛暑日を記録したほどです。
北向きの需要も増えてくるかもしれません。
家族一人一人の生活スタイルに合った間取りを考えてみてはいかがでしょうか。

□風水と方位

風水とは古代中国の思想で、気の流れの善し悪しから都市や建物の吉凶を占うものでした。
気の流れがスムーズだと物事がうまくいき、気が滞っているとうまくいかないというのです。
それが現在の日本では気軽に生活を楽しくできる知恵として楽しまれています。
中には、そんな迷信は信じないという方もいらっしゃるかもしれません。

楽しみの一つだと思っていただいても良いかもしれません。
風水で重要とされるのは玄関です。
気は玄関から入り、太極(家の中心)を通り、突き当りに行き着くとされています。
玄関の向きで吉とされているのは東・東南・南・西・北西です。
参考にしてみてはいかがですか。
せっかくのマイホーム、縁起もしっかり担いでおいても良いかもしれません。

□まとめ

家を建てる際の方位についてご紹介しました。
ぜひ理想のマイホームを建ててくださいね。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください