自由設計における動線について|松本市の家づくりのプロが解説!

家づくりの豆知識

自由設計で家を建てる場合、自分で決めることが非常に多くなります。
導入したい設備や細かいディティールなど、こだわりたいポイントはたくさんありますよね。

しかし、家づくりの際に動線を意識していないと、生活する際に不便な家になってしまいます。
そこで今回は、自由設計における動線についてご紹介します。

家の図面のイメージづくり

自分が建てる家の坪数の具体的イメージを持っている人が意外に多い

・家事動線について

家事は家にいる間、最も多くの時間と労力を要する作業です。
したがって、家づくりの際に考えておきたい動線には様々なものがありますが、その中でも家事動線が一番重要と言っても過言ではありません。

中でも注目したいのが料理と洗濯に関するものです。
それは、これらはどちらも家の出入りが伴い、負担が大きいと言われているからです。

料理の際には、買ってきた食材を収納する際や料理で出たごみを出す際に家の出入りをします。
そのため、勝手口を設けるなどの施策を行うことで、家事が楽になります。
買い物をまとめて行う方には、好まれる施策です。

また、洗濯の際には、洗う場所と干す場所の動線を短くすることが重要です。
こうすることで、濡れて重たくなった洗濯物を運ぶ際の負担を軽減することができます。
家事動線を意識することで日ごろの生活がかなり楽になります。
家づくりの際にはぜひ考慮しましょう。

・来客動線について

人によって異なりますが、新しく家を建てると友人や同僚、親戚、両親などが来る機会が増えるでしょう。
こういった際に、来客動線について考えられた家かどうかで大きな違いが出てきます。
多くの住宅では、来客時には来客の方をリビングや客間に通すことになります。
来客動線とは、この際に来客から見える位置にプライベートなものが見えないようにすることです。

一般的には、浴室や洗面所等を見えない位置に配置するようです。
また、アイランドキッチンを採用している場合、リビングからある程度キッチンが見えてしまいます。
そのため、常に片付けて清潔に保っておく必要があるのです。
来客動線を考慮する際に気を付けておきたいことは、パントリーをリビングから見えない位置に配置することです。

また、来客動線と家族に関する動線を交わらないようにすることも重要となります。
こうすることで、来客時だから洗面所が使えないといった事態を防ぐことができるのです。

今回は、自由設計における動線についてご紹介しました。
動線について考えることで、快適な生活を送ることができます。
しっかりと動線について検討すると良いでしょう。

コメントはこちらから