気になるZEH住宅とLCCM住宅の違いは?|松本市で新築を建てる

家づくりの豆知識

注文住宅を検討されている方の中には、
「ZEH住宅とLCCM住宅というものをよく聞くけど、どのような違いがあるのか、よくわからない」
という方も多いのではないでしょうか?
少子高齢化や地球温暖化の影響から、長持ちして環境に優しい省エネルギーな住宅が最近、注目を集めいます。
また、国もそういった省エネルギー住宅を推進し、様々な優遇制度も受けることができます。
今回は、そんな省エネルギー住宅であるZEH住宅とLCCM住宅にはどのような違いがあるのかご紹介していきます。

□ZEH住宅とLCCM住宅の違い|2つのポイント

 

ZEH住宅とLCCM住宅の違いには2つのポイントがあります。
その3つのポイントに関して、ご紹介していきます。

 

*定義の違い

まず定義の面でZEH住宅とLCCM住宅にはどのような違いがあるのでしょうか?
ZEH住宅は、
「外皮の高断熱化および高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより、年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅」
という定義がされています。
一次エネルギーとは、電気やガスなどのエネルギーのことを指しています。
つまりは一般的な住宅で使用するエネルギーを高機能な設備で削減していくとともに、太陽光発電でエネルギーを生み出すことで、エネルギーを自給自足して行こうというものです。
一般的な家庭よりも一次消費エネルギー量を20%以上省エネを目指す住宅となっています。

 

その一方で、LCCM住宅は、高機能設備によって一次消費エネルギー量を20%以上削減し、太陽光発電で電力を補うというところまでZEH住宅と同じ考え方です。
しかしそれに加えて「新築・改修・解体」といった住宅建設そのものにかかる費用も、太陽光発電によって賄ってしまおうという考え方です。
ですので、建物自体の費用も太陽光発電でまかない、場合によってはそれ以上のエネルギーを生み出すことで、LCCM住宅を建てれば建てるほど、自然環境のプラスになるというコンセプトです。

 

*初期費用と維持費用

LCCM住宅の方が高機能な場合が多く住宅建設にかかる費用は高くなっていますが、維持費用に関しては、そのコンセプトが示す通り、LCCM住宅のほうが抑えることができるようになっています。
つまり、LCCM住宅の方が、ZEH住宅よりも高機能な場合が多く、ランニングコストが抑えられるということです。

 

□省エネルギー住宅で快適な暮らし

 

今回は、そんな省エネルギー住宅であるZEH住宅とLCCM住宅にはどのような違いがあるのかご紹介していきました。
ZEH住宅とLCCM住宅は、近年、環境への配慮から注目されています。
もし注文住宅を検討されている場合は、ZEH住宅とLCCM住宅も検討してみてはいかがでしょうか?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください