松本市|新築を建てるなら知っておきたい家づくりの流れと期間!

家づくりの豆知識

新築を建てたいと考えている方の中で、「家づくりの流れや期間ってどうなっているのだろう」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。
家づくりが具体的にどのように進んでいるかはわかりにくいですよね。
新築を建てるなら家づくりの流れや期間を知っておかないと、後々慌ててしまうかもしれません。
この記事では家づくりの流れとかかる期間についてご説明いたします。

□ステップ1 土地探しと条件整理

どんな家にしたいか、譲れない条件は何かを家族で決めるのが初めのステップです。
納得できる土地があれば購入して、間取りや外観の希望を固めていきましょう。
土地探しと希望を考えるステップで約3ヶ月が一般的です。
家族の中で家のイメージがある程度決まると、次に業者を探します。

 

□ステップ2 見積もりから契約

業者が決まると、次は業者に自分たちの希望を伝えて図面にするステップに進みます。
この時には資金計画の相談も可能です。
法規制やロケーションを前もって調査している業者からアドバイスをもらい、将来のことまで見据えて家を設計していきます。
そして大体の設計図ができたら見積もりをしてもらって、どれくらいの値段がかかるかを教えてもらいます。
納得できる値段になるまで何度も話し合うのが良いでしょう。
工事の契約内容に納得をしましたら、契約をします。
最初のステップからこのステップまでで7ヶ月ほどが目安です。

 

□ステップ3 設計図の完成から着工

契約後、まだ決まっていなかった細かい点を全て決めて、設計図を完成させます。
そして地鎮祭を行い、いよいよ工事開始です。
工事の期間は3〜6ヶ月ほどで、大工の仕事である木工事が終わると内装の細かい部分を決めていきます。
内装工事をどのように進めるかが決まると内装工事を行い完成となります。

 

□ステップ4 検査から引き渡し

完成した住宅に不備がないかを確認した後、住宅の引渡しが行われます。
家を建てた後もアフターメンテナンスは定期的に行われます。

 

□まとめ

この記事では家づくりの流れとその期間についてご説明いたしました。
家づくりの流れは土地探しから始まって、業者と話し合って納得してから工事が始められるという流れがわかりましたね。
また、最終打ち合わせに至るまで7ヶ月ほどかかり、着工から竣工までに3〜6ヶ月ほど要することになると述べましたが、これはあくまでも目安なので、期間に関しては業者と要相談です。
家づくりの流れを理解して、スムーズに家を建てられると理想的ですね。
新築注文住宅に関してご質問がございましたら、お気軽に弊社までご相談ください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください