松本市|新築の三階建ての住み心地は?二階建てとどう違う?

家づくりの豆知識

三階建ての家を考えている方の中には、二階建てと比べてどんなメリットやデメリットがあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
実は三階建ての住宅の住み心地は、二階建てとかなり異なります。
自分に合った住宅を選ぶには、その違いを知って置く必要がありますよね。
この記事では、そんな三階建ての特徴と住み心地について二階建てと比べながらご説明いたします。

家の図面のイメージづくり

□二階建てと比べた三階建てのメリット

 

1.敷地を広く使える
三階建ては二階建てと比べて床の面積が多いので敷地を有効に使えます。
特に高い土地に家を建てる方には、限られたスペースを広く使えるのでオススメです。
また、三階建ては敷地を広く使えますが、さらに有効に使いたいと考えている方は、屋上にバルコニーを作ると良いでしょう。きっと眺めも良くて使えるスペースも多くなるに違いありません。

2.スペースの使い分けができる
三階建てにすると、1階は商店にして、2階から上は自分の居住スペースにすることができます。
また二世帯住宅を考えている方も、1階を共有スペースにして二階は祖父母、三階は親子と使い分けることもできます。
こういったスペースの使い分けがしやすくなるのも三階建てのメリットの1つです。

□二階建てと比べた三階建てのデメリット

 

1.生活動線がややこしくなる
やはりフロアが3つになると、家具や電化製品の場所がばらつきがちになります。
そうすると、二階建てならスムーズに移動できていたのに、三階建てになるとフロアの移動が頻繁になって生活動線がややこしくなってしまうかもしれません。

2.階段の上り下りが大変
階段の上り下りが大変になるのもデメリットの一つと言えます。
家はこれから先長く住んで行くので、将来のことを考えると、階段が多いのはしんどく感じるかもしれません。
階段の傾斜を緩やかにしたり、余裕があればエレベーターをつけたりと工夫をしても良いでしょう。

□三階建ての住み心地は?

三階建てでは、三階は暖かいのに一階は冷たくなります。
これは、暖かい空気が上に昇って行く影響を二階建てよりも受けるからです。
他方で、広いスペースを使って趣味の空間を作ったり、収納を多くとったりと余裕が生まれる点で、住み心地は良いでしょう。

□まとめ

この記事では、二階建てと比べながら三階建ての特徴と住み心地についてご説明致しました。
スペースを広く使える一方で、生活動線の問題や階数ごとの気温差の問題があることがわかりましたね。
三階建てはメリットもデメリットも二階建てと全く違うので、慎重に検討すると良いでしょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください