松本市で新築|断熱性の高い家づくりでヒートショックを解消

家づくりの豆知識

みなさん、寒い冬に暖房の効いた暖かい部屋から出て、脱衣所やトイレに行った時に急激な温度の変化に辛い思いをしたことはありませんか。
他にも朝起きたときにも、暖かい布団から出たときのあまりの寒さに辛い思いをするといった経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

実は、それってとても危険なのです。
ではなぜ危険なのでしょうか。

その理由についてこれから解説していきます。

・ヒートショックには要注意!最悪の場合は心筋梗塞や脳卒中の可能性も

ヒートショックという言葉をご存知でしょうか。
これは、冒頭で説明したような急激な温度の変化によって受ける身体の影響のことを言います。

身体に影響を受ける理由としては、急激な温度変化と同時に、血圧が急激に変化するためです。
これによって様々な健康リスクを生じる場合があるのです。

ヒートショックを受けてしまうと、軽い症状では、目眩や立ちくらみ。
重い症状では、脳卒中や心筋梗塞になってしまう場合があるので、とても危険なのです。
これらは血圧の急激な変化により、脳や心臓にまで影響を与えてしまうのです。

そのため、こうしたヒートショックの危険性を避けるためには、激しい寒暖差にさらされないことが重要です。
実は、ヒートショックのリスクを根本的に抑える方法があります。
次でご説明いたします。

 

【断熱性の高い家づくりがヒートショックを徹底的に解決】

ヒートショックの危険性を徹底的に解消してくれるのが、断熱性の高い家づくりです。
断熱性の高い家の中では、暖房のついた部屋から別の場所へ移動しても大きな寒暖差を受けることが少なくなり、ヒートショックの危険性を根本的に軽減します。

寒暖差の激しい場所としては、脱衣場やトイレなどです。
これらの場所では、衣服を脱ぐために寒暖差をより直接的に身体に感じてしまいます。

断熱性の低い家では、これらの場所と他の場所との寒暖差は最大で10度以上ある場合があります。
そのため、断熱性の低い家は、脱衣所やトイレにヒーターを置くなどして寒暖差をできる限り抑える工夫が必要になります。

一方で、断熱性能に優れた家では、脱衣所やトイレでも温度がある程度保たれています。
そのため、激しい寒暖差を受ける可能性も低くなり、ヒートショックの危険性から避けられるのです。

 

まさか自分に限ってヒートショックで被害は受けないだろうと考えてはいけません。
いつ自分にも起こるかわからないと警戒しておくことが必要です。
その危険性を避けるひとつの対策が、断熱性の高い家づくりなのです。

これから新築やリフォームをお考えの方はぜひ断熱性という観点にも注目してみることをお勧めします。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください