松本市で新築を買った場合の固定資産税は?減税措置ってあるの?

家づくりの豆知識

松本市で新築を買おうとお考えの方の中には、固定資産税の減税措置があるのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。
新築にかかる固定資産税は、かなりの金額になるので少しでも減らせると嬉しいですよね。
結論を言うと、減税措置はあります。
それでは一体、どのような条件でどれくらいの金額なのでしょうか。
みなさまに知って得するために、この記事では松本市の固定資産税に対する減税措置についてご説明いたします。
建造物としての家を意味する

□固定資産税とは?

 

固定資産税とは、固定資産(家や土地のこと)を持っている人に毎年課される税金のことで、これは市が管理しています。
家に直接納税通知書が届くので、その通りに支払わなければいけません。
では、新築の家にはどれくらいの固定資産税がかかるのでしょうか。
松本市で建てた新築にかかる固定資産税は、固定資産税評価額に1.4%をかけた金額です。
また、固定資産税評価額は概算すると、家の価格の70%となります。
つまり5000万円の家に住んでいるならば、5000万に0.7と0.014をかけると支払う税金の計算ができます。
この場合、税額は49万円となります。

□減税措置の条件は?いくら得する?

減税措置はどんな条件の時に対象になり、どれほど減税されるのでしょうか。

・条件を満たすと家の税金が半額に
専用住宅か併用住宅で、床の面積が50から280平方メートルである場合は家の税金が半額になります。

・特定の住宅には減税
長期優良住宅に認定されたり、バリアフリー工事や省エネ工事をしたりするとさらに減税対象になります。

□申請方法は?

では減税の申請方法はどうすれば良いのでしょう。
実は自動的に適用されるので、手続きをする必要はありません。
つまり自分の家が対象となっている場合は自動的に減税されるので心配しなくても良いのですね。
また、減税措置に対する問い合わせも市の資産税課が対応しているので、減税対象となっているのか確認することができます。

□期間

減税の期間は新築から3年で、長期優良住宅や3階建ての耐火住宅は5年となっているので知っておきましょう。

□まとめ

この記事では松本市の新築にかかる固定資産税の減税措置についてご説明いたしました。
減税は一定の条件を満たした住宅に、基本は3年間適用されて、固定資産税が半額になることがわかりましたね。
それ以外にも土地や長期優良住宅に対する減税があることもお伝えいたしました。
新築にかかる固定資産税は非常に多いので、少しでも減らせれば良いですね。
またご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください