松本市で新築を検討中の方必見!シックハウス症候群の原因と対処法

家づくりの豆知識

シックハウス症候群という言葉についてご存知でしょうか?

シックハウス症候群とは、室内の空気が汚染されることで、身体に様々な悪影響が起きることを言います。
具体的には、頭痛や吐き気、喉の痛み、鼻水、くしゃみなど様々な症状を引き起こします。

では、一体どういった形で室内の空気が汚染されていくのでしょうか。

プレビュー (新しいウィンドウで開きます)

・建築材により有害物質を室内に発生

近年では、家の建築材にも化学物質が使われるようになりました。
化学物質を使用するメリットとしては、大量生産が可能、コストが安いなどがあります。
一方で、これらの化学物質はホルムアルデヒドのような有害物質を放出するというデメリットを持っているのです。

また、室内に有害物質画こもったままになると、カビやダニを発生させる原因にもなるのです。
こうして家の室内中に有害物質やカビ、ダニなどが充満してしまい、人間の体の健康に被害を与えてしまうのです。

よって、シックハウス症候群から健康を守るためには、換気やカビ・ダニ対策などが必要になります。

 

・自然素材はシックハウス症候群を解消

シックハウス症候群を根本的に解消する方法があります。
それが、建築材として、自然素材を使用することです。
自然素材といっても何か分かりませんよね。

これから具体的にご紹介いたします。

 

□無垢材

主にフローリングや柱などに使用される自然素材が無垢材です。
無垢材は丸太から切り出された木材をそのまま使用します。

無垢材の特徴としてはまず、有害物質を発生させないという点があります。
また、調湿作用があるため、カビやダニの発生もしにくくなるのです。

さらに、無垢材は、木目の経年変化を楽しめることや、自然の温かみや風味を室内にもたらしてくれることなど、様々なメリットを持っています。

 

□漆喰

日本だけでなく、西欧でも昔から外壁と内壁の両方の素材として使用されてきた素材が漆喰です。
これもまた、石灰からできた自然素材であり、有害物質を発生させません。

さらに、室内で発生した有害物質を吸収し、外に放出するといった特徴まで持っており、シックハウス症候群を解消するのにうってつけの建築材なのです。

 

シックハウス症候群とそれを解消する自然素材の魅力についてはご理解いただけたでしょうか。
自然素材には、無垢材や漆喰以外にも多くの種類があります。

これから家の新築やリフォームなどを検討中の方はぜひ建築材の一部として自然素材を使ってみてはいかがでしょうか?

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください