松本市で新築を検討中の方へ!新たな家づくりであるZEH住宅とは?

家づくりの豆知識

最近では、エコハウスという住宅がよくテレビのCMで話題になっていますよね。
エコハウスといえば、よく言われるのが「省エネ」。
省エネとは、家庭内で消費される電気やエネルギーをできる限り減少させることです。

しかし、最近では省エネだけではない、「創エネ」という言葉も出てきました。
これは、エネルギーの消費を抑えるのではなく、創り出すという意味です。

ソーラーパネルのような太陽光電池は「創エネ」のひとつです。
省エネだけでなく、創エネという新しい観点が生まれているのです。

こうした創エネが叫ばれる中で、話題になっているのが「ZEH住宅」です。
「ZEH住宅」をご存知の方というのはどれくらいいらっしゃるでしょうか。

これから「ZEH住宅」について解説していきます。

家の図面のイメージづくり

自分が建てる家の坪数の具体的イメージを持っている人が意外に多い

・「ZEH住宅」とは?

「ZEH」とは、ゼロ・エネルギー・ハウス(Zero Energy House)という意味であり、「正味消費されるエネルギーがゼロの家」です。
どういうことかというと、家庭内で消費されるエネルギーが、創出されるエネルギーよりも少ないということです。

つまり、エネルギーが家庭内で自給自足となるため、光熱費がかかりません。
また、エネルギーを自らの家庭内で供給されるため、環境への負荷も抑えられ、エコハウスの究極型とも言えるのです。

また、正味消費エネルギーがゼロであるという非常にエコである点から、国からもこうしたZEH住宅の増設を推進されています。
一定の基準を満たす住宅は補助金をもらえる仕組みになっているのです。

 

・ZEH住宅を構成する3つの要素

ZEH住宅では、創出されるエネルギーと消費されるエネルギーの量が重要な指標となります。
ここで注目されるのが、どれだけエネルギーを創り出すのかという「創エネ」と、どれだけエネルギーの消費を抑えるかという「省エネ」という観点が重要なのですが、もう一つ忘れてはならないのが「断熱性」という観点です。

エネルギーがどれだけ必要になるのかという点もZEH住宅を実現する上で大きく関わります。
つまり、断熱性の高い住宅にすることで、そもそもの電気の必要性を抑え、必要エネルギーを最小限に抑えられるのです。

よって、ZEH住宅を実現する上で、重要な観点となるのが、「創エネ」と「省エネ」、そして「断熱性」なのです。
これら3つの要素をそれぞれ高めることで、正味消費エネルギーゼロの家が可能になるのです。

 

ZEH住宅という新しい家の形には興味を持ちましたでしょうか。
正味消費エネルギーゼロの家は環境にも優しく、光熱費も抑えられ、さらには補助金までもらえるという非常に多くのメリットを持った新しい家のあり方です。

新築をお考えの方はぜひ、このZEH住宅を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください