松本市で新築を建てる方へ!キッチンの収納の種類と特徴教えます!

家づくりの豆知識

新築を建てる予定の方の中で、キッチンの収納はどんな作りにするのが良いのだろうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
キッチンの収納には様々な種類があり、それぞれに異なる特徴があるので悩んでしまうのは仕方ないことです。
その特徴の1つ1つを押さえてから選ばないと後悔してしまうかもしれません。
この記事ではキッチンの収納の種類とそれぞれの特徴についてご説明いたします。

□種類1 吊り戸棚

キッチンの目の前に吊り下げられる吊り戸棚は、スペースの少ないキッチンで重宝します。
主に食器を乾かす場所や、作った食材の仮置きをする場所として用いられる点が魅力的です。
あまり自分の顔に近い場所に設置すると邪魔になるので、自分の手に届きやすい程度の位置に設置するのがおすすめです。

 

□種類2 食器棚

食器棚は食器を片付けるための棚です。
食器だけでなく調味料を並べても良いでしょう。
ここで問題となるのが扉を設置するかどうかです。
もし扉を設置しないなら、食器を綺麗に並べておかなければならないので面倒です。
その反面、綺麗に並んでいるとおしゃれに見せることができます。

 

□種類3 壁につけるタイプ

キッチンにスペースがない場合は、壁に収納を取り付けると良いでしょう。
飾ることを楽しめるタイプや引き戸式のものなど種類は豊富なので、気に入ったものを選べます。
大きな家具として取り付けるだけでなく、パイプなどで簡易に取り付けるのもオススメです。
おたまや片手鍋をいちいち取り出す手間が省けるので、作業がスムーズに進むでしょう。

 

□種類4 シンク下

シンク下は主にボウルやザルのような水に濡れるものを収納しておくスペースにするのがオススメです。
他にはスペースに余裕があるなら掃除グッズを入れたり、ゴミ箱を収納したりすると良いかもしれません。

 

□種類5 引き出し

キッチンの引き出しは出番の多い食材を保存したり、フライパンを収納したりなどと様々な使い方ができます。
引き出しの特徴としては大容量なことが挙げられるので、いっぱい物を入れても散らかった印象にならないように、ファイルボックスで区切ってあげると良いかもしれません。

 

□まとめ

ここまでキッチンの収納の種類とそれぞれの特徴についてご説明いたしました。
キッチンの収納は様々な種類があるので、スペースを有効活用してたくさんの物を収納できると良いですね。
また、収納ごとに異なる特徴があることもお伝えいたしました。
キッチンの収納に関してご質問がございましたら、お気軽に弊社までご相談ください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください