松本市で新築をご検討の方必見!ZEH住宅とLCCM住宅の違いとは?

家づくりの豆知識

最近では省エネだけでなく、創エネという言葉も聞かれるようになり、次世代の省エネ住宅が一般的になりつつあります。
そんな中で皆さんも「ZEH住宅」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
さらに「ZEH住宅」の次は「LCCM住宅」というものも広まりつつあることをご存知でしょうか。
「ZEH」を超えるエコハウス、「LCCM」。
この「ZEH住宅」、「LCCM住宅」とは何かという部分に焦点を当てていきたいと思います。

家の図面のイメージづくり

□ZEH住宅とは

ZEH住宅とはゼロエネルギーハウス(Zero Energy House)のことで、太陽光発電を用いることによって年間の光熱エネルギーを自給自足して実質の消費エネルギーを0にしようという考え方に基づいた住宅です。
年間のエネルギー収支が0であること、高効率な住宅施工であること、エネルギーをつくりだす住宅であること、という条件を満たす住宅のことを言います。
また、火力発電でまかなわれる通常の電力の代わりに太陽光発電による電力で補っているので環境への負荷が少なく、自然に優しい住宅となっています。

□LCCM住宅とは

LCCM住宅とはライフサイクルカーボンマイナス(Life Cycle Carbon Minus)のことで、ZEH住宅の理念をさらに進歩させたものになります。
光熱エネルギーだけでなく、住宅の建設時、運用時、廃棄時を含めてのライフサイクル全体でのCO2収支をマイナスにするというものです。
LCCM住宅はCO2の収支の観点から考えていますが、太陽光発電による電力の代替によってCO2削減を掲げているので原理としては大きく見ればZEH住宅と同じです。

□ZEH住宅とLCCM住宅の違い

ZEH住宅は光熱エネルギーの観点から収支を0にするというものでした。
一方でLCCM住宅はCO2排出量の観点から収支をマイナスにするというものでした。
エネルギーの点から見るか、CO2の点から見るかという違いはありますが、ZEH住宅は生活にかかる光熱エネルギーを太陽光発電によって自給自足して実質の消費エネルギーを0にしてしまおうというもので、LCCMは生活にかかる光熱エネルギーを超えるエネルギーを太陽光発電で生み出すことで、住宅のライフサイクル全体を見ても消費エネルギーがマイナスとなるような住宅のことです。
LCCM住宅の一軒一軒がいわば小さな発電所となるのです。
ZEH住宅では光熱エネルギーを節約することで、光熱費に関して実質的に0円で生活できるのですが、さらにLCCM住宅では、売電により何もしなくてもお金を得ながら生活できるのです。
LCCMとはつまり長く住めば住むほど、光熱費どころか建設費まで回収できてしまう夢のような住宅なのです。

□まとめ

ZEHとLCCMの違いを理解していただけたでしょうか。少しでも興味を持っていただけると幸いです。
新築をお考えの際は、ZEHやLCCMを検討されてみてはいかがでしょうか。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください