松本市で新築をお考えの方必見!ZEH住宅の気になるランニングコストは!?

家づくりの豆知識

新時代のエコハウス、ゼロエネルギーハウス(Zero Energy House)、通称「ZEH住宅」、エネルギーコストのかからない住宅って魅力的ですよね。
新築でZEH住宅をお考えの方も多いのではないでしょうか。
実際に新築でZEH住宅を選ばれる方は年々増えています。
そうなると、気になるのはやっぱりランニングコストですよね。
「初期費用は普通の省エネ住宅よりも高くなっちゃうけど、ちゃんとお得に暮らすことができるのかな?」
今回は気になるそのランニングコストをメインに解説していきます。

建造物としての家を意味する

□一年間で節約できるエネルギーコストは?

一般的な省エネ住宅における電気・ガスなどのエネルギーコストは27万円である一方、ZEH住宅ではこの年間のエネルギーコストが0円になります。
つまりランニングコストは年間で驚きの0円です。
ZEH住宅の利点として、高性能な断熱材を用いたり、気密性の高い住宅設計にすることで快適な生活を送るのに必要なエネルギー自体を減らすことができるという点があります。
その上で年間で消費する光熱エネルギーを自宅の太陽光発電によってすべて自給自足で満たしてしまう点がZEH住宅の非常に大きな強みです。
つまり、年間で27万円のエネルギーコスト節約ができるということになります。

□補助金制度

経済産業省はZEH住宅に対して75万円の補助金を出しています。
この補助金は申請して採択されなければもらうことはできないのですが、ZEH基準ビルダー登録をした工務店でZEH住宅を建ててもらうと、この補助金を受け取れます。
ZEH住宅は本来火力発電によって賄われる電力を太陽光による自家発電で代替しているので、環境への負担も少なく、国からもZEH住宅の建設が推奨されているのです。
地球にもお財布にも優しい住宅なんです。

□何年くらい住めばお得になるの?

ZEH住宅は初期費用が高くてランニングコストが0円。
それでは、何年住めば普通の省エネ住宅よりもお得なんでしょうか。
一般的にZEH住宅を建設するには一般的な省エネ住宅よりも300万円ほど多くかかります。
これを高いと感じられる方もいられるかもしれません。

しかし、年間で節約できる光熱費が27万円なので、単純計算すると15年もあれば一般的な省エネ住宅に暮らすよりも節約できることがわかります。
さらに補助金も加味して考えると、10年足らずで得をする計算にもなります。
長期で定住するつもりの人にとってはZEH住宅のほうがお得なんですね。
長期的に見れば費用を削減できることがわかっているので、その分ワンランク上の新居を検討してみても良いかもしれません。

□まとめ

皆さんがZEH住宅により一層の興味を持っていただけたら嬉しいです。
新居をお考えの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください