松本市で新しい家づくりを検討中の方必見!床暖房とエアコンの比較

家づくりの豆知識

「新しく家を建てようと考えているけど、床暖房設備をつけるか迷っている。エアコンで十分なのかどうかでわからない。」
そういった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

最近では床暖房の設備がある住宅も増えてきましたよね。
しかし、床暖房は本当に効果的なのでしょうか。

エアコンだけで事足りるのであれば床暖房は不要ですよね。
そこで今回は、床暖房とエアコンについて両者をいくつかの側面から比較しようと思います。

・どっちが暖かい?

床暖房とエアコンの暖房設備としての大きな違いは、部屋を下(床)から温めていくのか、上(天井)から温めていくのかという点です。

床暖房では、部屋を下から温めるため、足元が寒くなる心配はなくなります。
また、暖かい空気が下から上へと上昇し、冷たい空気は重く、暖かい空気は軽いため、空気を循環させられます。

一方でエアコンの場合、上から温めていくため、床の方を温めるのは難しく、足元の寒さを解消することはできません。
そのため、暖かさという点では床暖房の方が優れていると言えます。

 

・速く温まるのはどっち?

温めるスピードが速いのは、エアコンです。
エアコンの場合は、電源を入れて10分から15分程度で暖かくなります。

一方で、床暖房の場合は完全に温まるまでに1時間ほどかかると言われており、比較的時間が長くかかります。
そのため、床暖房を使用する際には、時間設定をしておいて、あらかじめ温めておくことが必要です。

 

・費用がかかるのは床暖房

設備費用としてより高額なのは床暖房です。
床暖房は、設備する際の工事代のような初期費用が高くかかります。

一方でエアコンの場合は、それほど高い費用がかからず、比較的安価な値段で設備することができます。
月額の使用料金としても、エアコンの方が費用を抑えられます。

 

・床暖房では乾燥の心配がない

エアコンをつけっ放しで寝てしまうと、よく喉や肌を乾燥させてしまいますよね。
これは、エアコンから放出される温風が原因です。

床暖房の場合ですと、温風を発しないので、乾燥の心配がありません。
また、チリやホコリを舞い上げることや、カビが発生する心配も床暖房の場合はないため、衛生的に優れています。

 

以上が床暖房とエアコンの比較です。
どちらもそれぞれメリットとデメリットを持っています。
健康面での影響を考えれば床暖房を選ぶ方が良いかもしれません。

それぞれの特徴を比較した上でどちらにするか検討してみてください。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください