松本市で家づくりを検討されている方必見|二世帯住宅の種類にはどんなものがあるの?

家づくりの豆知識

最近では、結婚後に奥様のお父様・お母様とご一緒であったり、旦那様のお父様・お母様とご一緒に住むという夫婦が増えてきています。

その際、どちらかの実家にお邪魔するケースもありますが、「やっぱり結婚したんだから新居を購入したい!でも一緒に住むのも諦めたくない!」という方はいらっしゃいませんか?

そんなときにオススメの住宅が二世帯住宅です。

しかし一口に二世帯住宅といっても、玄関は一つにするのか?それとも別々で使うのか?お風呂は共有なのか?など、その間取りについてはお客様自身でお選びしていただけます。

そんな二世帯住宅の種類について今回は詳しくご紹介します!

〇二世帯住宅の種類

二世帯住宅の種類は3つあります。
以下ではその3種類それぞれの特徴とメリットについてご紹介します。

・完全同居型

こちらは、どうしても別々にしてほしい部屋以外は全て同じスペースを使って生活をするスタイルの家のことを指します。

具体的には、成長期のお子様の一人部屋や、寝室については別々のお部屋を使われる方が多いです。

この完全同居型の二世帯住宅のメリットとしては、費用がかからないことが挙げられます。
また小さい面積の家であっても同じ空間を使うことができるので、キッチンを2つも設置しなければならない、という必要がないため、広々とした間取りを考えることができます。

・部分共用型

こちらは、リビングのみ共用のスペースにして、キッチンやトイレについては別々に使いたいという方にオススメのスタイルです。

この部分共用型のメリットとしては、別々で使いたい部分を自分たちで決めることができ、それ以外の部分については共用にすることで費用を抑えることができるという点が挙げられます。

いわば、完全同居型と完全分離型のメリットを融合したものになります。

・完全分離型

こちらは、一緒の土地に住むけれども玄関から全て別々にしたいという方にオススメのスタイルです。

分離の方法としては、1階と2階に別れて住む方法と、左右に別れて住む方法の2つが考えられます。

左右に別れて住む場合には、二棟の間を廊下でつないだり、中庭を設置されたりする方も多いです。

このスタイルのデメリットとしては、家を2つつくる必要があることになり、費用がかさんでしまうことです。
また狭い面積の土地であれば、一つ一つの家を小さくつくることになってしまうため注意が必要です。

 

今回は二世帯住宅の特徴をご紹介しました。
以上の点を参考にして、あなたのご家族にとって一番良いスタイルの二世帯住宅を考えてみてくださいね。

コメントはこちらから