松本市で家づくりを検討されている方必見|ヒートショックが起こる原因と対策

家づくりの豆知識

最近ニュースなどで「ヒートショック」という言葉を耳にしたことがありませんか?
実はヒートショックはシックハウス症候群以上に危険なものです。

新築を建てる際の建材に気を遣ったり、換気を行ったりすれば防げることのできるシックハウス症候群とは違って、何気ない日常生活を送っているうちに、不意にヒートショックになってしまう可能性があるのが怖いところです。

そこで今回は、ヒートショックが起こる原因とその予防策についてご紹介します!

建造物としての家を意味する

〇ヒートショックが起こる原因とは?

ヒートショックとは、急激な寒暖差がもたらす健康への被害のことを指します。

実はこの寒暖差がおうちの中で最も生じやすい場所が冬場のお風呂です。

なぜ冬場のお風呂ではヒートショックが起こりやすいのでしょうか?

私たちは、冬にお風呂場まで行くためにいったん暖かいお部屋を出て、寒い脱衣所に向かう必要がありますよね。

そこで服を脱ぎますから、このときに真冬の冷たい冷気に肌をさらすことになってしまいます。

そしてお風呂に入るとお湯を浴びるわけですから、温度だけで表現をすると体感温度が0度から40度に一気に上がるはずです。

気温が0度であるときは、私たちの身体は体温を維持するべく血管を縮めて血圧を上昇させようと必死になります。

このときに起こる現象が鳥肌というものです。
そしてお風呂に入って熱いシャワーを浴びると一気に毛細血管が開きます。

本来であればこのときに心臓の鼓動を早くすることによって血圧の急低下を防ぐのですが、ご年配の方であればこの心臓の機能を上手く果たせない場合があります。

この機能が果たせない場合には、血圧の低下を防ぐことができずに、身体中の血液の巡りが悪くなっていきます。

その結果、脳に血液を送ることができなくなり、そのまま気を失ってお風呂でお亡くなりになってしまうケースが多発しています。
これがヒートショックが起こる原因です。

 

〇ヒートショックを防ぐ方法

では、どうすればこの現象を防ぐことができるのでしょうか?

そのカギは、断熱にあります。

簡単に言うと、ヒートショックを起こらないようにするためには家の中に寒暖差のある部分をなくせば良いということになります。

冬場であっても家全体に暖かい環境が整っていれば、お風呂場で急に寒い思いをする必要はありません。

ヒートショックを防ぐためには、断熱材を使用して家の中の暖かさを逃がさないような工夫をしましょう。

 

今回はヒートショックについてご紹介しました。
冬にはニュースでよく耳にするあのヒートショックが、家の造り次第で防ぐことができるのです。

あなたのおうちでは断熱材を使用していますか?
「断熱材を使っていない!」「これから建てようと思っているおうちに断熱材の使用を考えていなかった!」という方は、断熱材の使用について考えてみてくださいね。

コメントはこちらから