松本市で家づくりを検討されている方必見|シックハウス症候群の原因と対処法

家づくりの豆知識

新しくおうちを建てようと検討されている方の中には「新しい家だとシックハウス症候群にならないか心配…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

同じおうちに住んでいてもシックハウス症候群になるかどうかについては個人差がありますが、お身体の弱い方やご高齢の方、小さいお子様の場合はシックハウス症候群について特に懸念されることでしょう。

しかし家づくりの方法に注意していれば、シックハウス症候群になる可能性を低くすることができます。

そこで今回は、シックハウス症候群にならないためにはどんな家づくりをすれば良いのか、その方法についてお伝えします!

〇そもそもシックハウス症候群とは?

シックハウス症候群とは家の空気の汚れが原因で、その空気を吸い込むことで健康に害が生じてしまうことを言います。

この症状としては、目がチカチカするなどの目まい、のどや頭の痛みが挙げられます。

「最近風邪を引いているのかな?と思っていたけどなかなか治る気配がない…」
そんな場合はもしかするとシックハウス症候群になっているかもしれません。

ではシックハウス症候群になる原因は何なのでしょうか?
詳しくご説明すると、シックハウス症候群になる原因としては以下の3つが考えられます。

1.家の中の空気の入れ替えを行わない
2.家の中にダニ、カビ、有害な化学物質などが存在する
3.室内の気密性が高い

またこの有害な化学物質の中でも、一番健康面での被害が大きいとされているのは、ホルムアルデヒドと呼ばれる化学物質です。

 

〇シックハウス症候群になる可能性を低くする方法とは?

シックハウス症候群にならないためには、このホルムアルデヒドのような有害な化学物質の使用を極力抑えた家を建てるようにしましょう。

最近では家の壁紙を貼る際に用いる、ホルムアルデヒドを使っていない接着剤、ホルムアルデヒドの使用を抑えたフローリングなどが登場してきています。

このような化学物質を使っていない建材を選ぶように心がけることで、シックハウス症候群になるリスクを減らすことができます。

またこの他にも、新居での生活をスタートさせてから最初のうちは積極的に窓を開けて空気の入れ替えを行うように心がけてくださいね。

 

今回はシックハウス症候群の原因とその予防方法についてご紹介しました。
シックハウス症候群にならないためにも、有害な物質を使わないように気をつけている家に住みたいですよね。

このような家に関するお問い合わせは、ぜひ優プランまで!あなたからのご連絡をお待ちしております。

コメントはこちらから