松本市で家づくりをお考えの方必見|床暖房とエアコンを徹底比較

家づくりの豆知識

「床暖房とエアコンどっちにするべき?」
「床暖房やエアコンのコストや健康への影響は?」
そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

家づくりをする際には「床暖房」と「エアコン」のどちらにすべきか悩んでしまいますよね。また、特に寒い地域にお住まいの方は暖房選びで失敗したくないと思っていることでしょう。

今回は、床暖房とエアコンの二つを比較していきます。

ウッドワン 無垢 床材

◇「床暖房」と「エアコン」それぞれの性能とは?

家づくりをする際に、「床暖房」を選ぶ方と「エアコン」を選ぶ方に分かれますよね。
どういった基準で選んでいるのだろうと疑問に思ったことはありませんか?

これら二つを選ぶとき、それぞれの性能を基準に選んでいる方が多くいらっしゃると思います。
そこで床暖房とエアコンの性能を比較していきます。

 

・床暖房

寒い冬にエアコンの温度を上げても、足だけ寒くて冷たいという経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
床暖房は遠赤外線を利用しているため、部屋全体を暖めてくれます。また、床からの伝導熱で足先まで温まります。

さらに、火事の原因となる燃料を使用していないため、安全性も高くなっています。エアコンと違い温風を吹き出さないので、乾燥しづらくなっている点も嬉しいですよね。

 

・エアコン

エアコンは、天井近くから温風が吹き出すので、足元まではなかなか暖まらないという欠点があります。また、空気も乾燥するためお肌やのどに悪影響を与えてしまうこともあります。

しかしエアコンはスイッチ一つで簡単に誰でも操作でき、手軽な部分が良いと評価されています。安全面は、床暖房と同様に燃料を使用しないので火事の心配はいりません。

 

◇「床暖房」と「エアコン」どちらが家計にやさしい?

近年、電気代が高くなりコストの面を重視する方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
実際に床暖房では、設備工事などに費用が掛かり、ランニングコストも高い場合があります。

しかし、その寿命は30年以上と言われており、長く使い続けることができる点を評価される方もいらっしゃいます。

エアコンは、本体の費用は少し高いですが、最新のエアコンは省エネのものが多く、ランニングコストは床暖房に比べて、比較的安くなります。

しかし、エアコンの寿命は10年と言われており、買い替えやメンテナンスにお金がかかってしまうという欠点があります。

 

◇最後に

今回は、床暖房とエアコンの2つを比較しました。
家づくりの際の暖房選びには、性能やコストに優先順位をつけて選ぶことをオススメします。

コメントはこちらから