松本市で地震に強い家づくりをしたい方へ|知っておくべき3つの構造

家づくりの豆知識

「新しく家を建てるなら、地震の心配もあるから、地震に強い家にしたい」そんな要望をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか。

日本は地震の多い国ですし、どの地域に住んでいようが、地震はいつ起こるかわかりません。
せっかく新しい家を建てたのに、地震ですぐに倒壊してしまったなんてことになったら最悪ですよね。

そうした心配から、最近では新築を建てる方の多くは、地震に強い家を検討する方が増えていきているようです。

では、建物を地震に対して強くするための方法が3種類あるってご存知でしたか?
実は、単に耐震性を強化する方法といっても複数のアプローチがあるのです。

その方法とは、1.耐震構造、2.制震構造、3.免震構造です。
それぞれについて解説していきます。

制震構造 地震に強い

1.耐震構造

これは、柱や梁といった建物の骨組みそのものの強度を高め、大きな地震の揺れに対しても簡単に壊れないように設計した構造を言います。
建物の強度自体は高まりますが、揺れそのものを抑えることはできず、建物の中にいても、地震の揺れ自体は感じますし、家具が倒れて、内部の損傷が起きる可能性はあります。

費用としては3つの構造の中でも最も少ない費用で行えます。

 

2.制震構造

制震構造では、建物に地震のエネルギーを吸収するダンパーが設置されています。
これによって、建物内での揺れ自体を軽減でき、建物内の家具が倒れるといった可能性は低くなります。

また、建物の上層部ほど揺れは小さくなるため、高層ビルにはより効果的です。
費用対効果という点では、この構造が最もおすすめであると言えます。

 

3.免震構造

これは、建物とその基礎部分を直接固定せずに、その間に免震装置を設置した構造を言います。
この免震装置を設置することにより、基礎部分に伝わった揺れが建物に伝わりにくくなります。
揺れを最小限に抑えられるという点では、この免震構造が3つの構造の中でも1番です。

しかし、この構造は、免震装置を設置するのに500万円以上の費用がかかると言われており、非常に負担が大きくなります。

 

それぞれの地震に対する構造はご理解できましたでしょうか。
これから新築を建てようと検討している方は、ぜひ今回紹介した3つの地震に対する構造を踏まえて、地震に強い家づくりを考えてみてください。

安心で、快適な暮らしができる家を建てるには、耐震性という観点は非常に重要な要素になります。
そして、どういった構造にするかというのも注目すべきポイントになるでしょう。

コメントはこちらから



株式会社 優プラン

〒390-1701 長野県松本市梓川倭574-2
TEL 0263-78-7001・FAX 0263-78-7006
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜・隔週の火曜
会社概要はこちらから

こちらもご覧ください